写真展のお知らせ


以前参加していた団体では毎年のようにグループ展に参加していましたが、都合があってそこを辞めてからは、撮影した画像はホームページとブログで写真を公開しています。

ネットでの公開は多くの人に見て頂けまして、写真を仲介としてコミュニケーションが生まれ、そして多くの方と知り合いになれました。

勿論、実際にお会いできた方も多くいらっしゃいまして、ネットの有効性を改めて認識しています。


写真は描く芸術と同様に、人に見て頂いてこその記録媒体です。

人に見られること無く、日の目を見ないで死蔵されてしまっては、何のために撮影したのか意味がなくなってしまいます。

という事は、職業も含め40年近く写真に携わってきていますので、それは十分に理解していますが、以前の団体でグループ展に参加していたものの、さて自分の趣味の写真となると、果たして公開する目的はなんだろう? と考えてしまい、今まで個展は経験していませんでした。


私の撮影の分野はネイチャーフォトです。

雄大な風景から始まってマクロ写真までの、目についた自然のあらゆる事象を撮しています。

2001年から始めた趣味の写真(フィルム)と画像(デジタルデータ)が貯まっています。

それらには、撮影した時の私の感動と思いもまた同時に記録されています。

写真と画像をタンスに仕舞ったままにしておいては、撮影した時の私の意識もまた死蔵されてしまう様な気がしてなりません。


そこで、やはり見て頂く事の必要性を前提に、不特定多数の人に、しかも写真にして(これが大事)、という事に考え至りまして、今回、小さいながらも個展を開催する運びになりました。

でも、一般に公開して多くの方に見て頂くのは、私の撮影法は正しいのか&多少なりとも感性はあるのか&多くの方から共感を得られるのか・・・などなどを確認する為の方法でもありますが、これって結構怖い事なのかもしれないな〜〜と思い始めました(^^;

などとグダグラ考え詰めてしまいましたが、前述の拘りはさて置き、率直に見てくださった人に喜んで頂ければ、そして何かを感じて頂ければと思います。


会場は、北海道新聞小樽支社の1階のギャラリー「おあしす」です。

今回は植物に拘りましたので、ホームページとブログのタイトルをそのままに「艸木叢林」としました。

広い会場ではありませんが、大きい写真が必要とされる風景の写真はありませんので、むしろ適度な広さの会場と思います。

写真の全てはA4の額に収め、30枚ほどを展示します。


多くの方にご高覧頂きまして、ご指導頂ければと思います。

会場には常駐するつもりでおりますので、多くの方とお目にかかりたく思います。

みなさん、来てね〜〜(^^)/


写真展が終わるまでこのページを最上位とします。


b0247527_20554846.jpg
b0247527_20584272.jpg




[PR]
by cyan9203 | 2015-05-31 20:54 | その他

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)