行き当たりばったり車中泊旅行 その16 ピョウタンの滝編(最終)


7・8年ぶりに友人と会って楽しい時間を過ごした後は、恋問(こいとい)の道の駅に移動。
アルコール類は飲んでいませんので、運転についてはご安心を(^^)
深夜なので、周囲の車中泊の人達の迷惑にならないように、こっそり洗顔と歯磨き。
「さて、翌日はどこへ行こうか」などと考えている内に寝付いてしまい、気づけばいつの間にか朝!?

十勝平野の太平洋側には、湖がいくつかあります。
北から順に「長節湖(ちょうぶしこ)」、「湧洞沼(ゆうどうぬま)」、生花苗沼(おいかまないとう)」、そしてホロカヤントウです。
いずれも汽水湖で、10年ほど前にこの4つの湖を撮影しましたが、ぜーーーんぜん上手く撮せませんでしたので、おっしー、リベンジと思い十勝に向かって出発です。
十勝川を超えて、大津のGSで燃料補給。
え\(◎o◎)/ スタンドがない!? いえ給油機はあるものの誰もいないし、営業している雰囲気がないじゃん(^^;;;;;
仕方なく、その足で長節湖と湧洞沼を撮影し、一番近くの忠類のGSまで走り給油すると、入ったガソリンが62L!
という事は残りは3Lでした\(◎o◎)/

さて生花苗沼まで戻ろうか、それともここで撮影をやめて帰ろうか・・・。
そういえば、5月末に十勝に撮影に来た時に見た、ピョウタンの滝の看板を思い出しました。
平坦な湖を撮すよりもダイナミックな滝の方が面白そう、との事でステアリングを中札内の山の方向へ切ります。
途中で、グーグルマップのストリートビュー撮影車を発見!
残念ながら、休憩中だったので私の車は撮してもらえませんでした。
でも、手を振ったりしてね(^^)/

ピョウタンは瓢箪(ひょうたん)ではありません。
アイヌ語のピヨロ・コタン=小さな砂利の多い所、から来ています。
この滝は、地元の農家が建設した小水力発電の為の貯水ダムですが、完成翌年の集中豪雨による札内川の氾濫で埋没してしまい、発電機能も失ったまま現在に至っているそうです。
しかしその瀑布を観光資源とし、周囲を園地として活用しています。
これがピョウタンの滝の全景です。
水が濁っていて、それが残念。
b0247527_17304176.jpg


望遠レンズで一部だけを撮しました。
すごい水量です。
b0247527_17305332.jpg


滝のすぐ近くに展望台がありまして、そこから撮しています。
当然、結構な飛沫が・・・(^^;
b0247527_1731544.jpg

b0247527_17311614.jpg

b0247527_17312849.jpg


展望台には、こんな表示がありました。
今回の一人旅の開放感と3つの滝の撮影などなどで、私の心身はマイナスイオンにより充分に満たされました(^^)
b0247527_1733137.jpg



と、長々と16もの拙文と多くの拙画像を見てくださいまして、ありがとうございました。
そしてコメントと「イイネ」を下さいました皆様、さらにありがとうございました。
山彦の滝に案内してくださった愛巣栗夢さんに、この場を借りてお礼申し上げます。

今回の旅行で撮した画像は2000枚弱ですが、掲載したのは94+1枚です。
まだまだお見せしたい画像がありますが、それらは折を見て掲載したいと思います。
以上、私の旅行記と画像が、これからご旅行に行かれる皆さんのお役に立てれば幸いです。
ありがとうございましたm(__)m
[PR]
by cyan9203 | 2013-09-22 17:37 | その他

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)