野幌森林公園 瑞穂口 その1


今年は連続5日間の真夏日など、北海道らしからぬ暑さでした。
2日程前から、ようやく夕方の涼しさが戻ってきて、ホッとしています。
日中は、今日でもまだ28度くらいにはなりますが、それでも過日に比べたら暑さの峠を越したのではないかと思えます。
先月は34度の中での撮影するなど、初めての経験をしました\(◎o◎)/
もう二度と経験したくありませんが^^;

久々に野幌森林公園瑞穂口に行って来ました。
野幌森林公園は7月23日にも行って来ましたが、その時は大沢口での撮影でした。
大沢口の昭和の森には巨木が何本もありますので、それを目的にして撮影するには面白いと思います。
ところが今日撮影に行った瑞穂口は、約1Km先の所に瑞穂の池がありますが、途中の遊歩道の両脇の林以外は何もありません。
といっても、山野草はいたる所にありますから、それが目的の人には目移りしてしまうかも(笑)
じゃ、なぜそんな所に撮影に行くのかというか、それはトレーニングなんです。
私が度々行く近くの前田森林公園は人工林ですから、木々の間隔が整っていますので、たいへんに撮影がしやすいです。
それに比べ野幌森林公園は自然林ですから、被写体になる物はたくさんあっても、非常に撮影しにくいのです。
被写体になる物が多いといっても、写真的な面白さを考えるとなかなかありません。
そういう事で、見つける目を養う&如何にして興味ある写真として撮影できるか、のトレーニングに行って来ました。

有名な観光地など楽に撮影できる所に行けば、作品となりうる被写体は多くあるでしょうが、あまり考えもせずに撮影しても、他の人と似たような写真になってしまいがちです。
独自の感覚を持てるようになるには、やはりトレーニングが必要かな? な〜んて思ったりしますが、果たしてその効果はあるのかないのか・・・。

という事なので、今日は面白い写真になりそうなのは、あまり撮せませんでした^^;


紅葉した葉がちらほら。
ナナカマドは比較的早く紅葉しますが、この葉はサクラでしょうか?
b0247527_2283235.jpg


入り組んだ葉をボカすと、この様に複雑なボケになりますが、私はこれが好きだったりします。
b0247527_2282586.jpg


もっと奇麗な虹色に輝いていましたが、一緒に住んでいるどこかの奥さんのカメラを世話しているうちに、光が移動して輝きが足りなくなってしまいました。
枝葉からこぼれ落ちてくる光は、短時間で位置が変わってしまいます。
b0247527_229570.jpg


花が咲き終わって種になった状態なのだと思います。
それでなくても花の名前を知らないのに、種だけでは何の花か全く判りません(^^;
b0247527_2291420.jpg

b0247527_2294910.jpg


その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2012-09-07 22:14 | 森林

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)