黒松内 お寺のカタクリ

先月の末、同所に行ってきました。
その時は、境内に登る道にはまだ雪が残っていて車では登れないので徒歩で様子を見てきましたが、林の中のカタクリは全てがまだツボミの状態でしたので、今回のリベンジとなりました。
スプリング・エフェメラル(春の儚い命)とは良く言ったものです。
たったの10日の間に、カタクリの花盛りは過ぎていました。
今年は総体的に色が薄いですし、陽の当たる場所にあるカタクリは、その花弁には既に痛みが生じています。
中には色が鮮やかに、まだ花弁に痛みがないのもほんの少しですがありました。
でも探すのに一苦労です。


お堂を一周りできる散策路がありますが、これは入り口から見た景色。
b0247527_212034100.jpg


散策路の左側には石仏が並んでいます。
b0247527_21203491.jpg


散策路に囲まれたカラマツの林とカタクリの花畑。
b0247527_2121777.jpg


花を踏まないように気を使いながら、散策路から少しだけ足を踏み入れて、魚眼レンズで撮しました。
b0247527_212125100.jpg


ここのカタクリは、どちらかというと紫がかっていますが、この2本だけは綺麗なピンク色でした。
b0247527_21212936.jpg


足の踏み場がない密度ですから、散策路から撮すしか方法がありません。
b0247527_2121494.jpg


樹が多いので、こんな撮し方も可能です。
b0247527_2122581.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2012-05-09 21:35 |

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)