タグ:滝上町 ( 2 ) タグの人気記事

香りの里ハーブガーデン


私が滝上町に行くのは、「陽殖園」での撮影が理由です。

陽殖園は、高橋武市さんが山をそのままにガーデンにしてしまった日本一変わった植物園です。

滝上町には山の傾斜を利用し、一面がシバザクラが咲く「芝ざくら公園」もあります。

他にも、ちょっと目立ちませんが「香りの里ハーブガーデン」もあります。

香りの里ハーブガーデンは、いわゆる流行り風のガーデンですが、小規模ながらも300種の植物がありまして、観て楽しむだけでなく撮影も楽しめます。

残念なのは、フレグランスハウスがずっと休館中な事。

再開して欲しいのですが・・・。


b0247527_17162957.jpg

b0247527_17163497.jpg

b0247527_17163871.jpg

b0247527_17164170.jpg

b0247527_17164547.jpg

b0247527_17164947.jpg

b0247527_17165206.jpg

b0247527_17165766.jpg


撮影中に、チラッと視界に入った20m程先の目立つ色。
花? 葉? (・_・?
なんだろうと思って近づいたら、なんと〜〜水撒きのホースじゃんか(笑)
b0247527_17170175.jpg

ご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2017-08-06 17:25 | 公園 | Comments(0)

滝上町 陽殖園

昨年は行けませんでしたが、今回もまた陽殖園に行ってきました。

陽殖園は、高橋武市さんが一人で築いた、今でいうところのガーデンです。

60年前に、山一つを無農薬&化学肥料を使わないで造成し、現在も一人で管理運営をしています。

陽殖園の特徴は、「花を見せてあげます」ではなくて、「花を探してください」というところにあると思います。

数多くあるガーデンの中の殆んどは、一旦中に入ると自分の周囲は花だらけですが、ここは散策路を歩いて自然の中にある花を探して、ありのままの姿を楽しんでください、という風に思えます。

もう1つの特徴は、野生種と園芸種が同じ場所に一緒に咲くという事です。

高橋さん曰く「花が喧嘩しないように植える」との事ですが、園芸に関して全くド素人の私には思いもしない考え方です。

行く度に毎回思いますが、撮影は難しいです。

私は時々、被写体を見つけるトレーニングで林を散策しますが、それと似た撮影法になります。

でも、撮影をしなくても、ただただ歩いて花を愛でて、それだけでも十分に楽しいです(^^)

受付に戻ってきて・・・

私が「あー楽しかった わはははは」

高橋さん「それは良かったね わはははは」

こういう形態のガーデンもあります、ぜひ一度体験してください。



受付から入ってすぐの散策路。

園内の縦横無尽のこういう道を歩きながら、花を楽しみます。

b0247527_15572466.jpg


山の斜面に咲くルピナス(笑)

こんな場所に咲くルピナスは、他では見られないのでは?

b0247527_15572923.jpg


これは・・・名前が判らない。

セリ科の植物って、似た花が多くて同定が難しいですね

葉の形状と背の高さからいって・・・やっぱし若乱(^^;

b0247527_15573146.jpg


鬱蒼とした林もあります。

ここは私の好きな場所です。

b0247527_15573394.jpg


上の方には池があります。

睡蓮(ヒツジグサ)とコウホネが咲いていました。

遠くてあまり良く見えませんが、この睡蓮、ちょっと変わっているかも?

b0247527_15573638.jpg


ここが、最初に築き始めた場所との事です。

背が高い花が少ないので、見晴らしが良いです。

b0247527_15573860.jpg

b0247527_15574114.jpg



ご覧くださいまして、ありがとうございました(^^)




[PR]
by cyan9203 | 2015-07-28 16:03 | 公園 | Comments(4)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)