タグ:春香山 ( 14 ) タグの人気記事

今年の撮し初め その2


川沿いに林の中を歩きますが、既にあちらこちらに雪庇ができていますので、踏み抜かないように気を使います(^^;
雪庇を踏む抜くと川に転落です(笑) って、笑い事ではないぞ>紫庵(^^ゞ
危険な箇所は林の中を歩き、興味を惹くものを撮し、また川沿いに戻ったりしながら先に進みます。
前回は川の様子を示しましたが、今回は林の中の画像です。


クマザサの影を見つけました。
日が射すのを待ちますが、なかなか太陽が雲間から出てくれません。
これ以上影が濃くならないので仕方なく撮しましたが、ちょっと残念(^^ゞ
b0247527_2223263.jpg


これは枯れたクマザサです。
b0247527_22234346.jpg


これもクマザサ・・・モノクロの世界なので、色がついている物に目が行きますが、それも大抵はクマザサ・・・(;_;)
b0247527_22235133.jpg


今年の干支のヘビ ではなくて、ツタが木に絡みついている様子です。
b0247527_22241767.jpg


ここを歩いた時には必ず撮す木です。
一旦折れて下を向いた木が、再び上を向いて成長した姿。
さらに、途中で二つに幹分かれしているし!
すごい生命力ですね!
b0247527_22243176.jpg


今回撮影した中で、一番気に入っている影です。
b0247527_22245821.jpg



終わりです・・・ありがとうございました(^^)
[PR]
by cyan9203 | 2013-01-06 22:28 | 森林 | Comments(14)

今年の撮し初め その1

年が明けてからは晴れる日が少なく、撮影に行こうと思ってもなかなか行けませんでした。
前日夜の予報では、今日になって漸く晴れるとの事でした。
流石は気象庁、今朝目覚めて空を見るとピーカンではありませんか\(^o^)/
撮影の用意をして、家を出たのが9時半です。

春香山への登山道は二つありまして、旧登山道は住宅街が途切れたところから始まりますが、新登山道はその分岐を更に1Kmほど進んだところから始まります。
今日は、新登山道脇の銭函川沿いを歩いてきました。

ところが・・・いざ撮影に入ろうとした途端に、空が曇りがちになってきました。
時々薄日が射すくらいですから、まぁなんとか撮影は可能と判断し、スノーシューを履いて、雪の林に入ります。



今日、歩いた林です。
既に新雪に足跡がついていますが、これはキタキツネですね。
ところどころに凹があって、そこに落ちると出るのに苦労します(^^;
画面右の端に銭函川が流れています。
b0247527_21441751.jpg


川の様子を上から眺めましたら、流れが緩やかな所はかなり氷が張っていました。
b0247527_21444076.jpg


一箇所だけ、小さな砂防ダムがあります。
水が落ち始める縁には、氷が面白い模様を作っていました。
b0247527_2144484.jpg


川幅は広くてもせいぜい4m程ですが、もう数日で全面凍結してしまうでしょう。
水面と氷と雪面が模様を作っています。
b0247527_2145471.jpg


川原にある石に雪が積もると、「雪まんじゅう」になります。
キノコまたはマシュマロにも見えますね(^Q^)
b0247527_2145224.jpg


氷は川の端から、または水面に突き出た岩や木の枝などからでき始め、徐々に成長します。
b0247527_21455112.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-01-05 21:48 | 河川 | Comments(16)
冬も手稲区の前田森林公園へ撮影に行きます。
前田森林公園の樹木は計算された配置で、それはそれで面白く、影などは予測して撮影するのも可能ですが、ただ漫然として撮してもつまらない風景になってしまうこともあります。
それに較べ、自然林の樹木の配置はランダムといいましょうか、勿論計算された配置ではありませんので、その分撮影は難しいですが、時には驚く様な光景を目にすることもあり、大変に興味深いです。


光が林を照らすと、雪面をスクリーンにして思いがけない素敵なストライプの影が見られます。
b0247527_1191283.jpg


背景の雪面だけを撮します。
これだけでも充分に面白いです。
b0247527_119295.jpg


下り斜面を歩くと、スノーシューが跳ねた雪が転がり徐々に大きくなって、この様な「雪まくり(これはもどき)」ができます。
これがもっと大きくなると・・・バームクーヘンになります(笑)
b0247527_11101226.jpg


いたる所にササが出ています。
緑色は目立ちますので気になるのですが、なかなか気に入る写真になりません。
葉の下の雪は、降雪で埋まったササの葉が、強じんでしなやかな茎の力で再び出た跡です。
b0247527_11103232.jpg


雪の下に、枯れて落ちたサビタ(ノリウツギ)の花が隠れています。
b0247527_11103429.jpg


2Km程歩くと、登山道は川を横切ります。
降雪で既に川幅は狭くなっています。
この先、徐々に雪が川を覆い、後には川は姿を消してしまいます。
でも、雪に覆われても川は凍らずに常に流れています。
これに気付かずに雪を踏み抜くと、私みたいに大変な目に遭います(^^;
b0247527_11112026.jpg



登山道は、手作りの橋を渡り更に続きますが、空は曇り天候が悪くなってきましたので、ここで撮影を終えました。


以上です。
ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2012-12-27 11:16 | 森林 | Comments(14)
自宅から歩いて5分程の所に、春香山への登山口があります。
毎年、登山道を歩きながら、道沿いに咲いている花や樹木を撮しますが、今年はあちこち遠出する機会が多くありましたので、殆ど行けませんでした。
でも、冬は天候を見計らって何度も撮影に行きます。
というのは、天気が良ければ樹木の影が素敵な光景を見せてくれるからです。

午前中は晴れとの予報でしたので、常用している三脚を軽い物に替え&ザックの機材を少なくして、1シーズンぶりの登山道の冬景色を撮してきました。
今年は既に1mの積雪がありますので、スノーシューを履いていけば、普段はクマザサが邪魔で入っていけない様な所でも、どんどん入って行けます。
といっても、誰も歩いていない新雪は、スノーシューを履いていても膝近くまで埋まりますので、歩くだけでも結構疲れます。
歩いては汗をかき&立ち止まって撮影しては寒くなりの繰り返しで、私の固い頭は劣化してヒビが入りそうです(^^;
髪が薄くなったのはこれが原因だったと、今気付きました(;_;)



登山道には山スキーの跡や、近所の人のノルディックウォーキングの足跡があります。
私はここをスノーシューで歩きます。
b0247527_2055496.jpg


目に青葉・・・(違)
色彩に乏しい冬は、ササの緑でも鮮やかに感じられます。
これを撮した後、左斜面に降りて、林の未踏の雪面を散策します。
b0247527_20552571.jpg


ここが、私が好きな場所(^^)
この緩斜面を、被写体になるものをキョロキョロ探しながら登りますが、誰もいませんから不審者と騒がれることもありません(^^ゞ
今日はキタキツネの足跡を見ましたが、時にはエゾシカやエゾリス・アカゲラとクマゲラも見ることがあります。
b0247527_20555961.jpg


入り口辺りで枯れたオオウバユリを見つけました。
撮している時は気付きませんでしたが、撮し終えてから良く見ると、ダイヤモンドダストが出ているのに気付きました。
画面中央に白い小さな点々となってありますが、判るでしょうか?
b0247527_20561948.jpg


木の間から光が射し、倒れかけたオオウバユリを照らしています。
b0247527_20561685.jpg


b0247527_20563294.jpg


b0247527_20565056.jpg


その2へ続く
[PR]
by cyan9203 | 2012-12-25 21:00 | 森林 | Comments(14)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)