タグ:小樽市 ( 25 ) タグの人気記事

抽選会


昨年の北海道新聞小樽支社のギャラリーに続き、今年も写真展を開催するつもりでしたが、希望する日程が確保できなかったので、来年に延期しました。

来年の4月から9月までの分の募集の公告がありましたので、過日、市立小樽美術館に出向き、抽選会に参加してきました。

初めて抽選会に参加するので、どの様な手順で行われるのか、果たして結果は・・・ドキドキ・・・(笑)

な〜んて事は・・いや、やはり多少はドキドキかな。


b0247527_15281859.jpg


先ずは受付で所定の希望日程シート2枚(1枚は提出、もう1枚は手元)に希望期間や団体名(氏名)・3つあるギャラリーの希望する使用場所などを記入し、受付に提出します。

ギャラリーは、多目的ギャラリーが一番大きく、次は市民ギャラリー2、一番小さいのが市民ギャラリー1です。

市民ギャラリーの1と2は併せて使えば、多目的ギャラリーよりも多少壁面積が大きくなります。

たくさん写真を展示したいので、私が希望するのは市民ギャラリーの1と2です。

抽選会に先立って、美術館からのギャラリー使用にあたってのお願いや注意事項などのお知らせがあります。

もう何回も抽選会に来ている方はあまり真剣に聞いていませんが、私は目を皿にして耳をダンボにして・・・いませんでした(笑)

なにせ初めての参加ですから、抽選会の手順が気になってまして(^^;

そして、いよいよ抽選会が始まります。

正面の壁には、4月5日から9月18日まで、休館日と搬入日を除いた1週間を基準に分けた紙が貼られています。

先ずは受付した順に、受付に提出した希望日程シートを、壁の日程表に貼る順番を決めるクジ引き(占いに使うゼイチクに番号がつけてある)です。

私が受付したのは15番目でしたが、くじ引きの結果、貼る順番は23番目でした。

貼る順番がが遅くなったからと言って、別に本抽選の結果に問題はありません。

全部で30以上の団体の参加でしたが、個人の参加は私だけです。

個人名で呼ばれると、どよめきが起きます・・・個人だっていいじゃんかよ〜(笑)

クジ引きの結果の順番に、提出した希望日程シートが壁の日程表の上に重ねられて貼られていきます。

ここではじめて、各団体が希望する日程が判明します。

多いところでは複数の団体が競合します。

会場からはため息が聞こえたり、はたまた「チェッ」だったり(笑)

競合がない日程は、そのまま即決定になります。

競合がある日程は、希望した団体が集まって協議がありますが、協議が決裂した時には更にクジ引きが行われます。

殆どの日程において競合していましたが、私が希望した日程と他の2つだけは競合していませんでしたので、そのまま決定でした。

参加する前から、私が希望する日程は混むんだろうな〜と思っていましたので、なにか拍子抜け\(◎o◎)/

いえ競合がなくて良かったんですが、ハラハラドキドキをもう少し楽しみたかったのに〜(嘘)

というわけで、競合がなかった日程の私は、改めて申請書を提出してあっさりと退出しました。

という訳で、来年の6月14日から18日の5日間を写真展として使える事になりました。


希望した市民ギャラリーの1+2の床面積は126m平米で壁面長は60mです。

5日間の使用料金は29,800円。


使用する写真は、少しづつ選びつつありますし、構成も大体は考えてあります。

プリントは自分でやろうか、この際A2のプリンタを買おうか、足りない写真額の買い足しとマットの切り出し、案内のハガキと配布用のサムネイル・・・やる事がいろいろあるでしょうが、なにせ来年の話だってば、十分に余裕があるワイv(^^)v


来年の5月頃に、正式なご案内を致します。


ご覧くださいまして、ありがとうございました。


[PR]
by cyan9203 | 2016-10-20 15:32 | その他 | Comments(2)

作品展(改定)

前回に掲載した画像が小さいので、「もっと大きな写真にして欲しい」旨のご意見を頂戴いたしました。

実は、これではどんな写真かちょっと判らないけど、まあいいやとしてしまいました(爆)

掲載するなら、ちゃんとした画像でなければいけないと深く反省いたしております。

という事で、改めて大きな画像にしてアップロードしましたのでご覧ください。

更なるご意見などをくださると嬉しいです(^^)



b0247527_18062151.jpg

樹の貌(かお) 雲龍柳

中国原産でヤナギ科の落葉高木(高さ3〜20m)

枝がクネクネと波打ってよじれ屈曲し、

さらに垂れ下がる様子から「雲龍」と名付けられた。

鑑賞目的で栽植され、高木であることから、

防風林にも植樹されているが、野生化している。



b0247527_18062752.jpg
樹の貌 朽木

伏流水の川に残った樹木の残骸。

水温が低いので、水没している木根は腐らずに

そのまま残っているが、

水面上の本体はボロボロに枯れ朽ちて

苔や地衣類の苗床となり、自然の循環の一部をなす。

これも倒木更新の一つの姿。



b0247527_18063277.jpg
樹の貌 錦葉

紅葉と書いて「もみじ」と称するが、

植物学的にはもみじという植物はなく、

秋に葉が赤くなる「紅葉」と黄色くなる「黄葉」の

数種類のカエデを「もみじ」と称し、

さらに褐葉と呼ばれるオレンジ色の個体もあるが、

これらを総称して紅葉(こうよう)と呼んでいる。



b0247527_18063567.jpg
樹の貌 桂の巨木

高さは30m&樹幹の直径は2m程の巨木にもなる。

葉はややハート型の円形が特徴的で、

キャラメルに似た甘い香りを呈する。

支笏湖畔には巨木が多くあるが、

このように朽ち果てているような老木でも、

まだ萌芽させている生命力に驚かされる。



b0247527_18063939.jpg
蝦夷甘草(エゾカンゾウ)

エゾカンゾウなどのゼンテイカ(禅庭花)は、

各地で別々に同定されたので名前が多くあり、

和名・学名ともに混乱が起きています。

葉がカサスゲ(笠萱)に似ているので、

日光の地名を付けてニッコウキスゲとも呼ばれます。

エゾカンゾウは近縁種の花です。



b0247527_18072328.jpg
睡 蓮(スイレン)

羊の足裏に似た形状の葉から、

日本では未草(ヒツジグサ)と呼称される。

花は開いて閉じてを繰り返すので、

これを人間の睡眠に例えて、

「睡眠する蓮に似た花」から睡蓮になった。



b0247527_18072696.jpg
秋 桜(コスモス)

道内には、数ヶ所の大きなコスモス公園がありますが、

いずれも傾斜地なので、変化に富んだ撮影が可能です。

由仁ガーデンは規模は大きくないものの、

コスモス畑には樹木が配されているので、

さらに多様な撮影が可能になります。



b0247527_18073272.jpg
片 栗(カタクリ)

名前が示すように、鱗茎から片栗粉が作られていました。

蟻によって運ばれた種子は、開花までに7・8年を要します。

色素遺伝子の異常による白花変種のカタクリは、

10万本に1本といわれていますが、

この日は4本の白花を見つけたので、

ここの群生は40万本のカタクリが咲いているのでしょうか?



b0247527_18073777.jpg
浮 標(ふひょう)  1

大沼公園 11月

水面に浮かんでいる、枯れ始めたヒツジグサが、

既に葉を落とした枝を、飾るように見えていました。



b0247527_18074140.jpg

浮 標(ふひょう) 2

半月湖 11月

水面に浮かんで揺れ動く。

風によって一つ所に留まらず、

波によってゆらゆら漂って。

いよいよ秋が終わる。



b0247527_18074532.jpg
錦 紗(きんしゃ)

半月湖 10月

この湖は、元々が紅葉する樹木が多くありませんが、

この年は珍しく鮮やかな紅葉を臨めました。

対岸斜面の紅葉と黄葉が湖面に映り込み、

波によって錦が織られます。



b0247527_18074923.jpg
幻 樹(げんじゅ)

幌内川 11月

全ての葉を落とし、長い冬を迎える巨樹。

束の間、雲間から顔を覗かせた太陽が、

流れる水の中に虚空間を作り、

幻の樹の姿を見せてくれた。



以上です。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-08-06 18:24 | その他 | Comments(8)

作品展


所属している地域コミュニティの、10周年記念の発表会がありました。

会の名前は「優游の会」といいまして、中には運動系と文化系を合わせて20のクラブがあります。

私は運動系にはバドミントンに参加していましたが、持病やらあちこちの故障などで、半永久的に休み状態になってしまいました(;_;)

文化系には写真のクラブがありますので、そこには5年間所属しています。

今回の写真作品発表には13名の参加がありまして、皆さんがそれぞれテーマを持って出品しました。

タイトルは勿論、作品のキャプションも添付しまして、前回の5周年記念の展示と同様に好評でした(^^)

私も出品しまして、パネルに余裕があれば、隅にでも展示しようと思っていましたが、スペースが空きすぎて、結局3組を展示してしまいました。

スペースを使いすぎてゴメンなさい > メンバーの皆さんm(__)m



これは4枚の組み写真で、共通のタイトルは「樹の貌(きのかお)」です。

左から、雲龍柳(ウンリュウヤナギ)、朽木(くちき)、錦葉(にしきは)、桂の巨木 です。

b0247527_13320431.jpg



これは花の組み写真

左から、蝦夷甘草(エゾカンゾウ)、睡蓮、秋桜(コスモス)、片栗(カタクリ) です。

b0247527_13320737.jpg



これは水の組み写真で、水への映り込みを撮した作品です。

左から、浮標(ふひょう)2、錦波(きんは)、幻樹(げんじゅ)、浮標(ふひょう)1 です。

b0247527_13320912.jpg


以上は、iPhoneでの撮影ですが、窓際での展示で、しかも人混みの中で撮しましたので、こんなんでスンマセン(^^ゞ


そそ、この中で、2枚があまり評価を得られませんでした。

それは・・・浮標の2枚・・・ふひょう・・・不評  お粗末(爆)


冗談はともかく、毎月1回の勉強会の成果が表れていまして、全員がそれぞれに興味深い作品を展示して好評でした。

次の展示会はいつになるのか判りませんが、また皆さんの作品を見られるのを楽しみにしています。



ご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2016-07-31 13:42 | その他 | Comments(2)


大きい木ではありませんから、遠くから離れて全体を撮すとか、木の根本から仰ぎ見るような撮し方はできなくて、やはり花のクローズアップが多くなってしまいましたが、前回の掲示と画像と同様に、クローズアップしたりいろいろな角度からの撮し方ができました。

b0247527_20080308.jpg

b0247527_20081069.jpg

b0247527_20081470.jpg

b0247527_20081819.jpg

b0247527_20082178.jpg


サクラを撮し終えていつもの林へ移動すると、下草の中でガサガサ音がします。

よくよく見ると、エゾリスです。

動く物の撮影ができない私は、身動ぎしないでエゾリスの観察をしますが、あまり素早い動きをしないのでカメラを向けます。

その途端にエゾリスは木を登って、パッと隣の木に飛び移って・・・

反応が鈍い私が、なんとー! その瞬間の写真が撮せました。

しかも、フォーカスはマニュアルですし〜〜(^^;

画像を等倍で観察すると、ちょっとエゾリスがブレていますが、でも面白いシーンを撮せました。

b0247527_20082889.jpg



これで「花は 花は 花は〜 遅かった〜〜」を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。


[PR]
by cyan9203 | 2015-05-08 20:11 | | Comments(4)


こんなタイトルで、ある曲を思い浮かべる貴方は、私と同年代ですね(^^)

なんて歌はおいといて、今年のサクラはパッと咲いてパッと散りました。


一昨日辺りから八重の桜が咲き始めましたが、エゾヤマザクラなどの普通のサクラはちょっと撮し損ねてしまったかも。

先月末に地域の写真仲間と近くの公園で撮影しましたが、その時はまだ満開ではなかったので、あまり力が入らずに適当に撮しまして、後日、ちょっと変わった撮し方が試みられると思う公園へウキウキ撮影に行きましたら、なんとーー! サクラが・・・ない\(◎o◎)/

公園管理の方に聞きましたら、前日の風で殆んど散ってしまったとの事。

「今年の花の寿命はは3日だったな〜〜、わはははは〜〜〜」

いやはや何とも、私もつられて泣き笑っちゃいました(^^;

で急遽、別の公園へ移動しましたが、こちらもまた殆んど散ってしまった後です。

でも、名前は判りませんが、1本の背の低い遅咲きのサクラが咲いて見頃でしたので、これを中心に撮影してきました。


このサクラ、1本の木にピンク・白・中間色・まだらの花がついています。

背丈が低い木ですから上からも花を撮せますし、面白かった〜〜です(^^)

b0247527_17454777.jpg

b0247527_17455162.jpg

b0247527_17455561.jpg

b0247527_17460090.jpg

b0247527_17460573.jpg

b0247527_17460842.jpg



その2へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2015-05-07 17:50 | | Comments(2)

長橋なえぼ公園の春 4/4


ササヤブのカタクリの撮影を諦めた時に見つけた芽吹き。

といっても、これは木ではなくてツタの芽吹きです。

フレーミングを変えたりピントを移動して、いろいろ撮しました。

b0247527_20263473.jpg

b0247527_20264201.jpg


公園内を流れる川を渡る時に見つけました。

木の橋が古くて傷んでいるので揺れます。

おまけに、ツルも風で揺れています。

同時に、川面も波打っています。

ファインダーを覗いていて、酔ってしまいました。

あ゛〜〜〜きもちわり〜〜〜(^^;

b0247527_20264958.jpg


さて、この水草は・・・ミツガシワでしょうか(・・?

次回撮影に行った時に確認してきます・・・忘れなければ(笑)

きっと忘れるな(゚゚)(。。)

b0247527_20265458.jpg


倒木更新ではありませんが、切り株を苗床にして新しい命が芽吹いていました。

b0247527_20265929.jpg


今回、最も印象的だった光景です。

今まさに冬芽から芽吹こうとしている姿です。

背後が石垣なのは内緒です(笑)

b0247527_20270310.jpg



これで長橋なえぼ公園の春を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2015-04-28 20:30 | 樹木 | Comments(4)

長橋なえぼ公園の春 3/4


今回の目的は、じつは花よりも樹木の芽吹きだったんです。

花はもっと楽々撮せる所が多くありますが、樹木の芽吹きをまとめて撮せる所は多くありません。


私が好きなカラマツの林です。

葉がついていない枝が光に照らされて、ちょっと変わった光景になっています。

これを何回も撮していますが、どうも納得できるまで撮せていません。

b0247527_21211742.jpg


これは何の芽吹きでしょうか。

周りはサクラだから、きっとサクラ・・・にしましょう(爆)

b0247527_21212588.jpg


水たまりの中にも芽吹きの光景が見られました(意味不明)

b0247527_21213089.jpg


撮せるのは芽吹きかと思えば、こんな光景も見られます。

これに若葉が一緒にあれば、新旧交代の図になったのにね〜。

b0247527_21213465.jpg


花についても詳しくないのに、木になると、これがもうサッパリ(・・?

だから、この木が何かは聞かないで下さい(^^;

b0247527_21214026.jpg



その4へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2015-04-27 21:23 | 樹木 | Comments(4)

長橋なえぼ公園の春 2/4


キクザキイチゲも処々に咲いています。

虫眼鏡(老眼鏡ともいう)で観察すると、天気が良いのでシベの影がクッキリ見えます。

実は、以前からこの撮し方を何度も試みているのに、今まではなかなか上手く撮せませんでしたが、今回はまぁまぁ上手く撮せました。ヤッタゼー(^^)v

b0247527_20303511.jpg


小樽市内では、ミズバショウが咲く公園ということで知られていますが、他の良い場所を知っている私から見ると・・・ここって規模が小さいし撮しにくいんですよ(^^;

おまけに苞は傷んでいるし、ってこれは私の撮影時期が遅かったのが原因です☆/(x_x)

b0247527_20304183.jpg


ここは私のお気に入りの秘密の場所です(笑)

背後のキラキラ丸ボケは、川の水の反射です。

エゾエンゴサクを、こういう背景で撮す事は多くありませんから、ちょっとだけ面白い。

b0247527_20304538.jpg


撮影しながら足元を見ると、なんとシロバナです!

変性が多いエゾエンゴサクではあまり珍しくもありませんが、一応証拠写真。

b0247527_20304865.jpg


場所を移動しようと思った時に見つけました、この変な花を!

葉を見ればキクザキイチゲですが、このイジケタ咲き方はなんじゃい(笑)

ツボミの時には萼片が多少赤くはありますが、こんなに赤くないし、咲いてしまうと色は無くなってしまうと思いましたが・・・。

チンチクリンな咲き方ですが、良く良く見れば、これも結構可愛らしいです(^^)

b0247527_20305135.jpg



その3へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2015-04-26 20:33 | | Comments(0)

長橋なえぼ公園の春 1/4


私は写真のタイトルの付け方が・・・ハッキリいって下手ですv(^^)v ブイするなってば

言葉を知らないし語感に鈍いし、だから写真展の作品へのタイトルには、いつも胃に穴が空く程に考え&悩みます。

結局、ツマンネ〜〜タイトルになってしまいます。

写真を飾ってからタイトルを見て、我ながら呆れて笑ってしまいます。


今回の投稿もまたヒネリのないタイトルですんません(^^ゞ


この公園は住宅街にありますから、気軽に散歩・散策に訪れる人が多くいます。

住宅街の公園といっても結構な広さがありますから、じっくり撮影に取り掛かると、私は朝から晩までいられます。

好天につられて足が向きました。



公園に入ってすぐに目についたのはエゾエンゴサクですが、ロケーションが良くないので撮さずに林に近づくと、ゲヘヘヘ、良い場所にフキノトウがありました。

でも枯れ草などが多くて、掃除しきれません。

下手に太い落ち枝や大きな枯葉を取り払うと、いかにも掃除しましたという雰囲気になってしまいますから、その辺は適度にしないとね(笑)

でも、これは掃除が足りませんでした(^^ゞ

b0247527_13494561.jpg


奥のササヤブに行くとカタクリの群生地があります。

といっても一面が花畑ではなく、ようやく群生したといった感じですが。

ササヤブの中ですから、撮影は困難が伴います。

結局、数カット撮しただけで止めました。

でも、ここのカタクリは色が濃いので雰囲気だけでも見て下さい。

b0247527_13495226.jpg


ササヤブに潜り込んで、しかも逆光で・・・こんなんでスンマセン(^^ゞ

b0247527_13495660.jpg


ナニワズも咲いてましたが、やはり今年は全ての花が早く咲いてます。

b0247527_13500031.jpg


このカタクリは、公園内の別の場所です。

ここは木の根本ですからおそらく日照時間は短いのでしょうが、それでも健気に咲く姿に魅せられました。

b0247527_13500351.jpg



その2へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2015-04-25 13:52 | | Comments(4)

朝里川温泉もまた小樽市中心から外れた会場です。
ここは温泉街の中央を流れる朝里川の河川と、その周囲の公園を会場として雪あかりの路を開催しています。
小樽運河では運河にローソクを立てた浮き球を浮かべますが、こちらは流れの中にある石に立てたローソクの明かりが素敵です。

点灯直後に橋の上から撮していますが、ここからの光景が定番でしょうか。
まだ空の青さが残っている時間が先ずの勝負時。
手前の雪が赤くなっているのは、街灯のナトリウム灯の所為です。
b0247527_19355772.jpg


同じく橋の上から撮していますが、すっかり日が落ちるとこんな感じになります。
b0247527_19361068.jpg


青い川の流れとローソクの炎色がいいな〜〜と悦に入ってます(^^ゞ
b0247527_19362636.jpg


川沿いにある公園も会場になっています。
b0247527_19364074.jpg


私も同類ですから人のことは言えませんが、観光の人・撮影の人が多いので、人影を入れないで撮すのは困難が伴います。
この画像には3人の人がいますが、わざとアンダーにして人影を目立たなくしました。
b0247527_19365228.jpg


正面右の山は朝里川温泉スキー場のゲレンデです。
b0247527_1937410.jpg


会場の一番奥から、橋の方向を撮しています。
b0247527_19372252.jpg


こういう演出が嬉しいですね(^^)
b0247527_19373442.jpg


会場前の道路の反対側にあるお店も協力してくれています。
ナトリウム灯の色が相乗効果を奏しているのか、周囲が真っ赤っ赤(笑)
b0247527_19374590.jpg


♡をすぐ近くからデフォルメして撮しましたが・・・これでは恋も成就しなさそう(笑)
b0247527_19375997.jpg



以上で、雪あかりの路を終わります。
ご覧くださいまして、ありがとうございました。

さっぽろ雪まつりが終わり観光客が減りましたので、天候と足の具合次第では、運河などの規模のお大きい会場へも撮しに行けるかもしれません。
上手く撮せたら、またアップロードしますね(^^)
[PR]
by cyan9203 | 2015-02-13 19:43 | その他 | Comments(4)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)