タグ:原生花園 ( 5 ) タグの人気記事

ある原生花園


過日、旭川と士別で中2日空けて法事があるので、ついでにと思い立ち、前回の続きの旅行に行ってきました。

前回は6日間かけて、日高-十勝-根釧台地-オホーツクなどを巡ってきましたが、目的は原生花園の場所の確認とロケハンです。

今回は、オホーツクの残りとサロベツ原野などを巡ってきました。

原生花園の花のピークは6月から7月初旬なので、今回の旅行では、やはりあまり花は期待できませんでした。


原生花園を代表する小清水・浜頓別のベニヤ・サロベツには立派なネイチャーセンターやゲストハウスがありますが、たまには、名前だけは辛うじて知られてはいるものの、原野そのままという所もあります。

いえ、私は原野そのままでも一向に構いませんし、柵で囲まれた木道や遊歩道を歩いて一歩も原野に足を踏み出せない中で撮影するよりも、少しばかり足を踏み出して撮影できる方が嬉しいのです。

更に言えば、観光客が大勢来て、どこを撮しても人影が入ってしまうような観光地公園よりも、原野そのままの方が私は嬉しいんです(゚゚)(。。)


でもね〜、原野そのままでも、せめて看板と案内図くらいは設置して欲しいのです。

広大な原野のどこからどこまではが原生花園で中心はどこなのか、全く判らないのでは・・・何か虚しい気分になっちゃいます(笑)

看板、可能だったら狭くても構いませんから車の駐車スペースがあったらいいですね。

公園を管理するには、設備管理や人員など諸々の予算が必要なのは判ります。

でも、そこまでしなくても、やはり場所を確認できる何かがあると嬉しいです。


下は、そんな原野そのままの、ある原生花園の画像です。

国道ではなく、広域農道みたいな感じの道路を、いくつか直角に曲がりながら、距離にして約50kmを走ります。

たまにエゾカワラナデシコのピンクの色がチラッと視界に入りますが、車を停める脇道がないので気分はダラ〜〜〜と走りっぱなし(笑)

路側帯に車を停めても構わないとは思いますが、何故か走りっぱなし(^^;

来年は花のシーズンに行ってみたいと思いますが、たくさんある原生花園ですから、優先順位を考えなくてはいけませんね。


b0247527_17475281.jpg

b0247527_17480390.jpg

b0247527_17480754.jpg
ご覧くださいまして、ありがとうございました。



[PR]
by cyan9203 | 2017-08-05 17:50 | 公園 | Comments(0)

あやめヶ原


神の子池を撮し終えたのが午後の1時頃。

このまま夕方に到着予定の釧路へ向かうと、2時間足らずで着いてしまいます。

友人に会う前に風呂に入ってサッパリしたいのですが、それでも早すぎます。

ならば、どこかに寄ってみましょう。

地図を開くと・・・道東って撮す場所がたくさんあって・・・迷います。

西別川のバイカモは咲いたかな?

天気が良いから摩周湖が面白いか?

屈斜路湖・・・。

津別のクリンソウ。

別海の牧草地。

厚岸の国泰寺。

・・・・・・・・・

そうそう、厚岸といえばヒオウギアヤメでしょう。

きっと開花のピークに違いない。

とばかりに、厚岸に向けて走ります。

それにしても、腹が減ったってば(^^;

途中でラーメンを食べたいな〜〜 との希望は、虹別で叶いました(^^)


こんな風景を見ながら・・・。

これは裏摩周の展望台から


b0247527_21014666.jpg


これはどこだっけかな?(^^;

Windowsをご使用の皆さんには見慣れた風景ですね(笑)

b0247527_21015071.jpg


北海道らしい風景でしょ〜(^^)

b0247527_21015323.jpg


制限速度+10kmの安全運転で3時間後、厚岸の「原生花園あやめヶ原」に到着しました。

ここの原生花園は100haの広さがあり、30万株のヒオウギアヤメが咲くとか・・・。

駐車場からチンベノ鼻という岬の先端に向かう一本道の散策路の両側に、ヒオウギアヤメが咲いています。

前回来た時はただの草原でしたが、今回は首尾よく花に会えましたv(^^)v

といっても、ピークはちょっと過ぎていたのかも。

草原全体を撮そうと思っても、残念ながらあまり良いロケーションではありませんでした。


散策路の両側は柵ですから、自由なアングルでの撮影はできません。

それでも探せば、こんな風景が撮せます。

b0247527_21015646.jpg


これはウツボグサ。

ワッカ原生花園でも見ましたっけ。

b0247527_21015840.jpg


ピークを過ぎているから、キレイな花を探すのも一苦労(^^ゞ

b0247527_21020045.jpg


霧多布岬にも馬はいますが、実は原生花園の存在には馬が重要な役目を持っています。

というのは、馬はヒオウギアヤメは食べないのです。

だからあやめヶ原があるんですね〜(゚゚)(。。)

b0247527_21020201.jpg


背後の灌木はなんでしょうか?

ただ草原のヒオウギアヤメを撮すよりも、この方が面白い。

はいはい、背後の樹木と同様に、どーせ私はへそ曲がりです(爆)

b0247527_21020596.jpg


やっと見つけた状態が良い花。

b0247527_21020789.jpg


駐車場に戻る際に見つけた・・・これってヒオウギアヤメのアルビノか?

なにせ散策路から外れる事はできないので、遠くに咲いているこの花は確認できませんでした。

売店のお姉さんに聞いても、チンプンカンプン!

「ヒオウギアヤメに白い花なんてありません」 (・_・?

「アルビノって何?」 (笑)

b0247527_21020910.jpg


原生花園あやめヶ原を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2015-08-10 21:06 | | Comments(2)

小清水原生花園 3/3


そうこうしている内に霧が晴れてきました。

今回は、キャプテンなしで・・・画像を楽しんでください(^^)

b0247527_10552297.jpg


b0247527_10552679.jpg


b0247527_10553080.jpg


b0247527_10553251.jpg


b0247527_10553471.jpg


b0247527_10553788.jpg



これで小清水原生花園を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。


身内に不幸がありまして、これから遠出しますので、コメント欄は閉じさせていただきます。

帰りましたらコメント欄を開きます。

厳しいご意見をよろしくお願いします(嘘です、優しい意見をください)




[PR]
by cyan9203 | 2015-08-04 10:57 | 海浜 | Comments(0)

小清水原生花園 2/3


朝から天気が良く・・・良すぎるのも、いえ撮影に困りはしませんがヤブ蚊がね〜〜(^^;

前日の夜に雨が降り&翌日に晴れると、ヤブ蚊が大量に発生します。

と予想したわりには、ここでは蚊に刺されないで済みましたが、次の撮影地では蚊に刺されてしまいました。

本州の蚊がどんなかは知りませんが、こちらのヤブ蚊に刺されると・・・掻かなければそれ程酷くはなりませんが、一旦掻いてしまうと、それはもうボッコリ腫れて熱を持ってしまいます。

蚊の忌避剤を使って刺されないのに越したことはありませんが、刺されてしまった時には、私は、ティーツリークリームをつけています。


はじめは青空だったのに、撮影している合間に、いつの間にか青空がまだらに白くなってきました。

これは霧だったんですね〜。

「花を撮すには花曇りの日に・・・」などと、ギンギラギラの陽射しでの花の撮影を嫌う人がいますが、そんな花曇りの日がいつもある訳じゃないし、雨中の自然のあるがままの姿の花だって綺麗ですし、そういう表現するのが自然の写真と思っている私は、どんな天気でも・・・例え槍が降ろうが嬉々として・・・(笑) 

b0247527_16534804.jpg


気付けば、周囲はいつの間にか霧が漂っていました。

散策路遠い先は霞んでいます。

b0247527_16535390.jpg


シットリとしたエゾスカシユリ、こういうのも好きです(^^)

b0247527_16535707.jpg


これはハマナスとエゾスカシユリ。

b0247527_16540071.jpg


晴れているけど、霧で適度に霞んでボケて・・・良い撮影ができました(^^)

b0247527_16540513.jpg

b0247527_16540859.jpg


私が名前を知りたくないセリ科の??? (^^;

セリ科の植物って、どれも似ていてしかも種類が多い。

脳が定年退職の私が覚えようとしても、これは無理〜〜(;_;)

でも、これはエゾノシシウド・・・と思います。

b0247527_16541380.jpg


その3へ続きます・・・





[PR]
by cyan9203 | 2015-08-03 16:58 | 海浜 | Comments(2)

小清水原生花園 1/3


ワッカ原生花園を出た時はもう既に薄暗くなりましたので、今夜の宿泊する所を考えなくてはいけません。

風呂は二の次にしても、夜と翌朝の食べるものが必要です。

それと車内泊ですから、車を停めて置く場所・・・理想的なのは街中の道の駅。

上手く行けばコンビニと銭湯(温泉だと嬉しい)が近くで、トイレがあるし洗面できるし。

以前、日の出から早朝の撮影を考えて峠の駐車場に一泊した時がありますが、誰か他にも泊まる人がいるだろうとの希望は虚しく誰もいない(^^;

辛うじて街灯は1つだけありましたが暗い、おまけにトイレは閉鎖されているし・・・(;_;)

夜中に訳の分からない音が聞こえるし、風の音が尚更に心細かったです。

おまけに・・・ここには書けない経験もしてます。

だから、できるだけ人がいる所に車を停めるようにしています。

で結局は、夜間走行して網走の道の駅に泊まることにしました。


翌朝・・・どうして道の駅に泊まる人って早起きなんでしょうね。

駐車場の左右1台分のスペースを空けて並んで車を停めますが、それでも隣の車が人がゴソゴソ始めると、気になってこちらも目覚めてしまいます。

夜が明けたばかりなのに、んも〜〜しかたね〜な〜(^^;

昨夜コンビニで買ったサンドイッチを食べて、顔を洗って&歯を磨いて、そのままの勢いで早々に出発です。

まだ6時だってば〜〜(笑)

毎回全体の行き先を決めないで旅行していますが、それでも翌日の行き先と到着時間は、寝袋に入ってから地図を見て決めます。

昨夜考えたこの日の1番目の撮影地は小清水の原生花園、その後あちこち寄りながら厚岸へ行く予定。

この日の夜は、釧路の大事な友人に会うことになっています(^^)



小清水原生花園は北側はオホーツク海、南は濤沸湖(とうふつこ)、この間に囲まれた部分が原生花園になっています。

これは原生花園のJRの駅です。

右の電話ボックスの横が駐車場で、画像の左側の通路から原生花園に入ります。

b0247527_21304846.jpg



散策路を歩いて花を楽しみます。

赤いのはハマナス、遠くに咲いているのはエゾスカシユリです。

b0247527_21305298.jpg


南東には斜里岳が見えます。

以前、この斜里岳を「おかず無し」と言ったら・・・誰も笑ってくれませんでした(;_;)

b0247527_21305668.jpg


散策路を外れて原生花園の中を闊歩したい、そんな誘惑に負けそうになります(笑)

b0247527_21310116.jpg


この黄色い花は、私達はエゾカンゾウ(蝦夷甘草)と呼びますが、日光ではニッコウキスゲと呼ばれている花です。

日本の各地で同じ花が見られますので、総称としてはゼンテイカ(禅庭花)と呼びます。

b0247527_21310637.jpg


これはエゾスカシユリです。

既に花びらを落としているのもありますが、全体としては開花のピークに当たったようです(^^)

b0247527_21310912.jpg



その2へ続きます・・・




[PR]
by cyan9203 | 2015-08-01 21:36 | 海浜 | Comments(4)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)