タグ:ガーデン ( 11 ) タグの人気記事

香りの里ハーブガーデン


私が滝上町に行くのは、「陽殖園」での撮影が理由です。

陽殖園は、高橋武市さんが山をそのままにガーデンにしてしまった日本一変わった植物園です。

滝上町には山の傾斜を利用し、一面がシバザクラが咲く「芝ざくら公園」もあります。

他にも、ちょっと目立ちませんが「香りの里ハーブガーデン」もあります。

香りの里ハーブガーデンは、いわゆる流行り風のガーデンですが、小規模ながらも300種の植物がありまして、観て楽しむだけでなく撮影も楽しめます。

残念なのは、フレグランスハウスがずっと休館中な事。

再開して欲しいのですが・・・。


b0247527_17162957.jpg

b0247527_17163497.jpg

b0247527_17163871.jpg

b0247527_17164170.jpg

b0247527_17164547.jpg

b0247527_17164947.jpg

b0247527_17165206.jpg

b0247527_17165766.jpg


撮影中に、チラッと視界に入った20m程先の目立つ色。
花? 葉? (・_・?
なんだろうと思って近づいたら、なんと〜〜水撒きのホースじゃんか(笑)
b0247527_17170175.jpg

ご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2017-08-06 17:25 | 公園 | Comments(0)

六花の森


六花の森は5月27日に訪れています。

この時はオオバナノエンレイソウの撮影が目的でした.

ようやく取れた日程ですが、時期的に駄目だろうと思いながらも確認に行きました。

当たり前というか案の定というか、オオバナノエンレイソウは殆どが枯れていて、咲いている花はわずかな状態に私は殆ど撃沈でした。

今回は花の撮影はもっと駄目なことは判っていましたが、ここにはウヘヘヘ〜な物がありまして、それが目的だったのです。

って、何のことはない、ただの川なんですが(^^ゞ

でも、川の両岸には、流れを覆うように樹木がありますので、映り込みがあったり木漏れ日があったりして、以前から撮影してみようと思っていたのです。

目の前に花が咲いていれば、そちらが優先になってしまいますので、花が少ない今回は川を優先に撮しました。

ここには、ゆったりとした流れも激しい流れもありますので、どちらも面白い水の表情の撮影が可能ですが、なんとアホな事に、NDフィルターを車に置いてきてしまったので、今回はゆったりした流れだけを撮しました。



先ずは川岸のフキに遊んでもらいました(^^)

b0247527_11323855.jpg

b0247527_11324867.jpg



川沿いに歩いて、水の表情を探します。

天気が良ければ映り込みが期待できますが、太陽がギンギンギラギラだと映り込みがハッキリしすぎて川底の様子が見えなくなってしまいます。

いつも贅沢な事を言ってる<私(^^ゞ

b0247527_11325486.jpg

b0247527_11325834.jpg
b0247527_11330200.jpg
b0247527_11330539.jpg
b0247527_11330815.jpg



丘の頂上にある彫刻は「考える人(ダロンから)」です。

この彫刻は目立ちますのでどこからでも見えますが、手前のイスの彫刻は今回初めての発見(遅)

何となく気になったこのイス、彫刻家と作品名を記録するのを忘れた〜(^^;

普段はこういう作品を撮す事はしませんが、面白い形なのでつい撮してしまいました。

え、座ったかって? 芸術作品をお尻の下にするなど、とても恐れ多くて座れませんでした(^^;

b0247527_11331755.jpg
b0247527_11332159.jpg



これで六花の森を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-09-07 11:38 | 河川 | Comments(0)

陽殖園 2/2


植物園ですから、花だけでなく樹木もあります。

ガーデンでしたら、この様なツルアジサイは切り払ってしまうんでしょうね。

b0247527_19441644.jpg



ここでは払ってしまうどころか、ツルアジサイさえも驚くほどに立派に育っています。

さすがは園芸のプロ(゚゚)(。。)

b0247527_19442392.jpg



こうして花が咲き入り乱れていると、もう何がなんだか判りません(笑)

b0247527_19442851.jpg



花で鬱蒼とした小路。

b0247527_19443201.jpg



この林は、私が好きな場所の一つ。

b0247527_19444031.jpg



山頂近くには池がいくつかあります。

睡蓮とコウホネが咲いていました。

b0247527_19444491.jpg



このフロックスと思われる花はいたる所で見られました。

b0247527_19444931.jpg



受付に戻ってきて、高橋さんと岡山県から来られた可愛い女性と、3人で話している時に見つけたシーン。

b0247527_19445396.jpg



おまけです。

b0247527_19445699.jpg



以上で、陽殖園を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-09-05 19:48 | 植物 | Comments(2)

陽殖園 1/2


もう何度もご紹介していますが、地方で言うとオホーツクの、滝上(たきのうえ)町に「日本一変わった植物園」という触れ込みの「陽殖園」に今年も行ってきました。

全国から多くの花好き・植物好き・ガーデン好きな人が訪れていますし、私のブログに限らず情報は得られますので、検索してみてください。

陽殖園のホームページはありませんが、滝上町観光協会に簡単な案内があります。

http://takinoue.com/?yoshok


園主の高橋武市さんが、長年コツコツと山を花畑に変えてしまいました\(◎o◎)/

いわゆる計算された配置の洋風のガーデンとは異なった、いかにも自然の植物園らしい雰囲気が私は好きです。

もちろん植物に関してのプロである高橋さんですから、何気ない配列など自然のままのように見えるそこには、ド素人の私が聞いて驚く秘密があるのです。

8月28日に伺いましたが、7月に放送された「猫のしっぽカエルの手」を観て来られた方もいました。


ここへ行く度に思います。

記念撮影またはスナップ的に撮すのは全く自由で構わないのですが、しかしながら、ここでの作品作りは難しいと思います。

というのは、一般的なガーデンでは、花壇には色とりどりの花が見易くて見栄えがするように作為的に花を植えるので、誰でも容易くそこそこの撮影ができるしょうが、言い換えれば、それは誰でも同じ写真を撮せるという事に他なりません。

でも陽殖園では、そんな配置は全くありません。

私が初めて行った時は、いわゆるガーデンの趣とは異なった光景に、思わず笑ってしまいました。

笑ったとは言っても、呆れた笑いではなくて、楽しさいっぱいでの笑いです。

行ってみれば同意していただけると思います。

要は、私が時々する森林での被写体を見つけるトレーニングと同じように、自分で作品になる場面を見つけて作らなければならないのです。

ですから、ここでの撮影は難しい・・・。

って、私だけが難しいのかもしれません。

無心に花を楽しむ・・・そんな方でしたら、自然に素敵な作品を撮せるのかもしれませんね(^^)



ここが入り口です。

言葉は悪いですが、まるでジャングルに入っていくようですね。

b0247527_14344000.jpg



受付で入場料を払って、顔を右に向けると、もうこんなシーンが見られます。

b0247527_14344774.jpg



ここから探検 いえ(^^ゞ 散策が始まります。

b0247527_14345128.jpg



例によって って何の例だよ いえ だから 花についても詳しくないので、花の名前はゴメンさせてください(^^;

でも、これはフロックスかな? 違ってたらご指摘下さい。

b0247527_14345453.jpg



林をバックにすると、シックでいい感じ(^^)

b0247527_14345736.jpg



この花は園芸種でしょうが、ここでは野生種に見えてしまいます。

b0247527_14350161.jpg



昨年、初めてレンゲショウマを見つけましたが、今年は数が増えていました。

ここのレンゲショウマは、ガク片が鮮やかです。

それにしても、この花も撮すのが難しいな〜〜(^^ゞ

b0247527_14350425.jpg

b0247527_14350742.jpg



その2へ続く・・・





[PR]
by cyan9203 | 2016-09-04 14:40 | 植物 | Comments(2)

滝上町 陽殖園

昨年は行けませんでしたが、今回もまた陽殖園に行ってきました。

陽殖園は、高橋武市さんが一人で築いた、今でいうところのガーデンです。

60年前に、山一つを無農薬&化学肥料を使わないで造成し、現在も一人で管理運営をしています。

陽殖園の特徴は、「花を見せてあげます」ではなくて、「花を探してください」というところにあると思います。

数多くあるガーデンの中の殆んどは、一旦中に入ると自分の周囲は花だらけですが、ここは散策路を歩いて自然の中にある花を探して、ありのままの姿を楽しんでください、という風に思えます。

もう1つの特徴は、野生種と園芸種が同じ場所に一緒に咲くという事です。

高橋さん曰く「花が喧嘩しないように植える」との事ですが、園芸に関して全くド素人の私には思いもしない考え方です。

行く度に毎回思いますが、撮影は難しいです。

私は時々、被写体を見つけるトレーニングで林を散策しますが、それと似た撮影法になります。

でも、撮影をしなくても、ただただ歩いて花を愛でて、それだけでも十分に楽しいです(^^)

受付に戻ってきて・・・

私が「あー楽しかった わはははは」

高橋さん「それは良かったね わはははは」

こういう形態のガーデンもあります、ぜひ一度体験してください。



受付から入ってすぐの散策路。

園内の縦横無尽のこういう道を歩きながら、花を楽しみます。

b0247527_15572466.jpg


山の斜面に咲くルピナス(笑)

こんな場所に咲くルピナスは、他では見られないのでは?

b0247527_15572923.jpg


これは・・・名前が判らない。

セリ科の植物って、似た花が多くて同定が難しいですね

葉の形状と背の高さからいって・・・やっぱし若乱(^^;

b0247527_15573146.jpg


鬱蒼とした林もあります。

ここは私の好きな場所です。

b0247527_15573394.jpg


上の方には池があります。

睡蓮(ヒツジグサ)とコウホネが咲いていました。

遠くてあまり良く見えませんが、この睡蓮、ちょっと変わっているかも?

b0247527_15573638.jpg


ここが、最初に築き始めた場所との事です。

背が高い花が少ないので、見晴らしが良いです。

b0247527_15573860.jpg

b0247527_15574114.jpg



ご覧くださいまして、ありがとうございました(^^)




[PR]
by cyan9203 | 2015-07-28 16:03 | 公園 | Comments(4)

園内を殆んど一周した最後に、コスモスの庭に着きました。
昨年に較べ、やはり密度が少ないように思えます。
でも、花の状態は悪くありません。

b0247527_19552629.jpg


b0247527_19565464.jpg


b0247527_19562363.jpg


b0247527_19562245.jpg


青い空に白いコスモスを配置したかったんですが、なかなか雲が切れなくて・・・(^^ゞ
b0247527_19581360.jpg



以上です、ありがとうございました。
次回は、百合が原公園のコスモスを掲載します。
[PR]
by cyan9203 | 2013-09-26 19:57 | | Comments(4)

車中泊一人旅の多少の疲れがあったせいか、少しばかり気が抜けていました(^^ゞ
暦の上では季節は既に秋、Taurusさんからコスモスの開花状況の情報を頂きまして、19日に奥さんと二人で行ってきました。
由仁ガーデンのコスモス畑には、背後に林&畑の中にも木立があります。
昨年に初めて行った時には、これらの木を入れて撮すことが出来て、少しばかり変わった印象のコスモスの写真が撮せましたので、今年も期待して行きましたが・・・なんとー、今年はコスモスの数が少ない!?
面積は同じでしょうが、どうも花が疎らの様に思えます。
先ずは、いろいろなガーデンを周って残り少ない花を撮し、最後にコスモスを撮すコースにしました。


札幌から由仁町へ向かい、由仁町市街手前を右折して由仁ガーデンへ行きますが、交差点にヤリキレナイ川の看板があります。
変わった名前の川でしょう(笑)
元は、アイヌ語で「ヤンケ・ナイ」で、意味は魚が棲まない川の意味です。
小さな川なのにたびたび氾濫するので、いつの間にかヤリキレナイ川と呼ばれ、これが正式な名称になってしまったらしいです!
b0247527_2019185.jpg


大雪山は紅葉真っ盛りですが、ここでも小さな秋が始まって始まっています。
b0247527_20191695.jpg


センターハウスを覆う蔦も赤くなり始めています。
全体が赤くなると見事でしょうね。
b0247527_20185013.jpg


綺麗に刈られた生け垣。
出る杭は撮される(違)
b0247527_2019768.jpg


頭を出す花も撮される(笑)
b0247527_20192169.jpg


ホワイトガーデンには、白いハマナスがありました。
白いハマナスは、私は初めて見ました!
b0247527_20193651.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-09-25 20:25 | | Comments(2)

ちょっとだけイコロの森


鶴の湯温泉で遅い昼食の後、車で30分ほど走り、苫小牧市のイコロの森に行ってきました。
あやしい空模様の中で撮影を開始しましたが、花は殆んど残っていなく、しかも雨が降ってきましたので撮影は中断。
あとは庭を眺めながらのソフトクリームとお話で過ごしました(^^)

最近、rabbitさんのナジバナに感化されて、同様の撮し方を試してみたいと思っていましたが、残念ながら1本しか咲いていませんでした。
b0247527_22484176.jpg


これの名前は判りません。
ちょっと見には、黄色いエゾニュウ(爆)
b0247527_2248598.jpg


これはモントブレチア(?)が咲き終えた後。
b0247527_22491718.jpg


ガーデンの奥に行くと、シダがいっぱいの森があります。
ここの空気感が好きです、蚊がいなければ。
b0247527_224949100.jpg


ツルアジサイでしょうか、樹の幹にしがみつく姿が可愛くて、時々撮します。
b0247527_22511559.jpg



以上です。
ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-08-28 22:53 | 植物

イコロの森 #3



中央にあるローズガーデンを除き、ガーデンの全体は樹木で縁取られれていますので、単なる「お庭」でないところが新鮮で、大変に好感を持てました。


b0247527_15908.jpg



b0247527_1594218.jpg


散策路が巡らされたウッドランドガーデンもあります。
b0247527_1510429.jpg


道端にホタルブクロが咲いていました。
b0247527_15102389.jpg



b0247527_15104515.jpg



b0247527_1511659.jpg



b0247527_15112525.jpg


以上
[PR]
by cyan9203 | 2012-08-01 15:12 | 植物 | Comments(4)

イコロの森 #2



b0247527_1525197.jpg



アジサイは土壌の酸度によって色が変化すると聞きます。
本当のところは私には判りませんが、ここの青色のアジサイは色が鮮やかです。
b0247527_1533074.jpg


b0247527_1535849.jpg



b0247527_1542395.jpg



b0247527_1543187.jpg



b0247527_155868.jpg


#3へ続く
[PR]
by cyan9203 | 2012-08-01 15:06 | 植物 | Comments(0)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)