<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ミニ個展@カメラの川田



撮影機材のみならず写真に関する事で、私がいつもお世話になっている「プロショップ カメラの川田」の会長さんのご厚意で、お店の中にあるギャラリーに於いて、今日からミニ個展を開催しています。

6月に小樽美術館で行った個展の中から、23枚の展示です。

私は在廊しませんが、お店の方に声をかけてくださって自由にご覧ください。

今回は個々の写真にタイトルを付けましたが、相変わらずタイトルを考えると胃が痛くなりますね(^^;


期日:8月24日 〜 9月19日

時間: 9:00  〜 18:00

場所:札幌市中央区南10条西6丁目5-16

電話:011-552-2424

営業時間 : 9:00〜18:00

定休日: 日祝日 第2&第4土曜日


お店はプロショップの名前のごとく、札幌の多くの職業カメラマンの皆さんが利用なさっていますが、写真を始めたばかりの初心者の皆さんもまた多く来店しています。

時には有名カメラマンのセミナーがあったり撮影会が行われたりしますので、知らない知識や新しい情報や技術を得る良い機会になります。

お店には、写真全般について非常に詳しい藤本さんと、PCのハード&ソフトからプリントまでの全てを引き受けてくれる神田さんがいらっしゃいます。

近年、撮影機材などを購入するには安さを求めて量販店が利用されていますが、カメラやPCを買う時にでも、ネットでは得られない、カメラの川田の社員の方が自ら実感した生きた情報を元に、機材などを紹介&選択&販売してくれます。

「プロショップ カメラの川田」には、売りっぱなしの量販店にはない、カメラ屋さんの良心があります。

何か疑問や困った事がありましたら、是非、お店を訪ねてください。

きっと有益な情報が得られると思います(^^)


b0247527_16311906.jpg




[PR]
by cyan9203 | 2017-08-24 16:31 | その他 | Comments(2)

晩成温泉


私が撮影に行く時は、殆ど自分の車(ウーパールーパー号、別名アホロートル号)で行きます。

北海道内は大体を周っていますが、その殆どは車内泊です。

予め予定を立てておけばホテルなどを予約できるんでしょうが、大体が精々数週間前に思い立ち、しかも方面は決めても行き場所が決まらないままに出発してしまいますので、宿が取れなくて結局は車の中で寝る事になってしまいます。

いえ、車中泊でしたら撮影場所で寝ることも可能ですから、これが結構便利なんです。

夕景を撮影してそのまま寝る事ができますし、目覚めと同時に早朝の光景を撮すこともできます。

でもね〜、周囲に誰もいない寂しい場所で寝るのは、そこそこ怖い事もあるんですよ〜(;_;)

最近は、自販機とトイレ&洗面所がある道の駅が便利で、そこに泊まる事が多くなっています。

なんとレストランと温泉付きの道の駅もありますしね。

いえ、コンビニで夕食などを確保できれば、後はトイレが有る所でしたらどこでも構わないといえばそうなんですが・・・。

何台もの冷凍車のトラックが、一晩中エンジン音を響かせている道の駅よりはマシかも。


過日、日本で初めて民間のロケットが打ち上げられた多目的航空公園がある十勝の大樹町。

ここには「晩成温泉」という、全国でも珍しいヨードの温泉があります。

この温泉の、道路を隔てた所には宿泊施設がありまして、そこには何回か泊まった事があります。

今年も仲間5人で撮影に行った時には利用しました。

でも、温泉に入浴すると、なんとーすぐ横にあるオートキャンプ場が無料で使えるのですv(^^)v

ですから、一人での撮影旅行には、度々この晩成温泉を利用させて頂いてます。

バスタオル&フェイスタオルは無料ですし、レストランがありますし、キャンプ場は静かですし、本当に便利で良い所です。


で、この温泉のポスターがまたイイんです。

「眺めなんて・・・」(笑)

イソジンを薄くした様な色合いのヨード泉は確かに珍しいんですが、それに負けないくらいに実際は太平洋の眺めもいいんですよ。

それにしても、ポスターの人達、イイ顔してますね〜(^^)


b0247527_23045341.jpg


[PR]
by cyan9203 | 2017-08-16 23:08 | その他 | Comments(2)

政和アートFes

今年も「政和アートFes」を拝見してきました。


初回が2012年ですから、今年は6回目です。


主催は幌加内町に在住のステンドグラスアーティストの吉成洋子さんと、金属造形アーティストであるお嬢さんの吉成翔子さんです。

他にも、道内在住のアーティストの皆さんの作品が、廃校になった旧政和小学校の体育館や教室を中心に、所狭しと作品が展示されています。


私が初めて行ったのは昨年ですが、毎回趣向を凝らした作品があって、楽しく拝見しています。

本格的な作品群の他にも、地元のお子さんたちの手作りのいろいろな習作もありますが、それらも含めて、混然とした中にもユーモアもあり、校舎全体が温かい雰囲気に包まれています。

作品達を何回見ても飽きませんし、その空間にずっと浸っていたい気持ちになります。


惜しい事に、そういう作品達を私は撮影する事ができませんので、ここに掲示できません。

9月の3日迄開催されていますので、興味をお持ちの方は是非行ってみて下さい。


そそ、吉成洋子さんは写真撮影もなさいまして、独自の感性で自宅の周囲や幌加内の風景をポストカードにして販売していますが、これがまた素敵な作品なんですよ。




今年から、国道275線沿いに「ワルジカ」の幟(のぼり)が立ちましたので分かりやすくなりました。

b0247527_20574906.jpg
b0247527_20575605.jpg
b0247527_20580137.jpg


これは幌加内の一面のそば畑です。

ソバと言えば幌加内、幌加内と言えばそば畑と政和アートFesです(^^)

b0247527_20580723.jpg


[PR]
by cyan9203 | 2017-08-15 21:03 | その他 | Comments(0)

香りの里ハーブガーデン


私が滝上町に行くのは、「陽殖園」での撮影が理由です。

陽殖園は、高橋武市さんが山をそのままにガーデンにしてしまった日本一変わった植物園です。

滝上町には山の傾斜を利用し、一面がシバザクラが咲く「芝ざくら公園」もあります。

他にも、ちょっと目立ちませんが「香りの里ハーブガーデン」もあります。

香りの里ハーブガーデンは、いわゆる流行り風のガーデンですが、小規模ながらも300種の植物がありまして、観て楽しむだけでなく撮影も楽しめます。

残念なのは、フレグランスハウスがずっと休館中な事。

再開して欲しいのですが・・・。


b0247527_17162957.jpg

b0247527_17163497.jpg

b0247527_17163871.jpg

b0247527_17164170.jpg

b0247527_17164547.jpg

b0247527_17164947.jpg

b0247527_17165206.jpg

b0247527_17165766.jpg


撮影中に、チラッと視界に入った20m程先の目立つ色。
花? 葉? (・_・?
なんだろうと思って近づいたら、なんと〜〜水撒きのホースじゃんか(笑)
b0247527_17170175.jpg

ご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2017-08-06 17:25 | 公園 | Comments(0)

ある原生花園


過日、旭川と士別で中2日空けて法事があるので、ついでにと思い立ち、前回の続きの旅行に行ってきました。

前回は6日間かけて、日高-十勝-根釧台地-オホーツクなどを巡ってきましたが、目的は原生花園の場所の確認とロケハンです。

今回は、オホーツクの残りとサロベツ原野などを巡ってきました。

原生花園の花のピークは6月から7月初旬なので、今回の旅行では、やはりあまり花は期待できませんでした。


原生花園を代表する小清水・浜頓別のベニヤ・サロベツには立派なネイチャーセンターやゲストハウスがありますが、たまには、名前だけは辛うじて知られてはいるものの、原野そのままという所もあります。

いえ、私は原野そのままでも一向に構いませんし、柵で囲まれた木道や遊歩道を歩いて一歩も原野に足を踏み出せない中で撮影するよりも、少しばかり足を踏み出して撮影できる方が嬉しいのです。

更に言えば、観光客が大勢来て、どこを撮しても人影が入ってしまうような観光地公園よりも、原野そのままの方が私は嬉しいんです(゚゚)(。。)


でもね〜、原野そのままでも、せめて看板と案内図くらいは設置して欲しいのです。

広大な原野のどこからどこまではが原生花園で中心はどこなのか、全く判らないのでは・・・何か虚しい気分になっちゃいます(笑)

看板、可能だったら狭くても構いませんから車の駐車スペースがあったらいいですね。

公園を管理するには、設備管理や人員など諸々の予算が必要なのは判ります。

でも、そこまでしなくても、やはり場所を確認できる何かがあると嬉しいです。


下は、そんな原野そのままの、ある原生花園の画像です。

国道ではなく、広域農道みたいな感じの道路を、いくつか直角に曲がりながら、距離にして約50kmを走ります。

たまにエゾカワラナデシコのピンクの色がチラッと視界に入りますが、車を停める脇道がないので気分はダラ〜〜〜と走りっぱなし(笑)

路側帯に車を停めても構わないとは思いますが、何故か走りっぱなし(^^;

来年は花のシーズンに行ってみたいと思いますが、たくさんある原生花園ですから、優先順位を考えなくてはいけませんね。


b0247527_17475281.jpg

b0247527_17480390.jpg

b0247527_17480754.jpg
ご覧くださいまして、ありがとうございました。



[PR]
by cyan9203 | 2017-08-05 17:50 | 公園 | Comments(0)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)