<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自由雲台について

私は、撮影の殆んどに三脚を使います。
魚眼レンズ使用時は、三脚の脚が撮ってしまうので使いませんが、広角ズームレンズの半分程は三脚を使いますし、標準ズームレンズと望遠ズームレンズでは、100%近く三脚を使います。
マクロ撮影でも、可能な限り三脚を使っています。
何故三脚を使うのかといえば、露出を変えて同じシーンを複数枚撮すので、水平線&地平線を水平にする事を含めて、常に一定の画面を得るためです、

水平線・地平線が曲がっていると気になってしまいます。
それが人の作品でも(自分のはおいといても(^^ゞ)非常に気になります(笑)
曲がった地平線の画像をまっすぐに直すには、現像時などにトリミングする事になってしまい、結局画像が四辺角でカットされ、本来のフレーミングとは異なってしまいますので、そういう時の手持ちでの撮影をすごく反省します。
そうそう、私が手持ちで撮すと、カメラのファインダーには水準器が内蔵されているにもかかわらず、右下がり傾向の画像を時々作ってしまいます(^^ゞ
まぁ、三脚を使っても水平に撮さない友人から見れば、まだ少しはマシですが(笑)

三脚は、ジッツオの5型カーボンを長い間使っています。
この三脚は4段式で1段あたりの長さが短いので、3段式の1段だけ脚を伸ばせばアイレベルになるのに比べて、2段分脚を伸ばさなければアイレベルになりません。
それが少し面倒ですが、重さ(軽さ)・丈夫さ共に満足して、もう10年以上使っています。

さて・・・雲台です。
雲台は、3ウェイではなくて自由(ボール)雲台に拘って使っています。
何故自由雲台なのか・・・それは早いから(゚゚)(。。)
何が早いかというと、被写体を見つけて、三脚とカメラをその方向に向けフレーミング、ズーミング&フォーカシング。
そのフレーミング時に、3ウェイの雲台ですと、パンニング・ティルティング・水平合わせの、少なくても3回の操作が必要です。
しかも、カメラを右手で支える私が、操作が右に集中している3ウェイの雲台を使うと、カメラまたはレンズを左手に持ち替えて、フレーミングが決まってから、またカメラを右手に持ち替えて左手でフォーカシング・・・あ゛〜〜〜〜〜、面倒〜〜〜。
シャッターボタンを押すまでに、何度もカメラまたはレンズを持ち替えて、雲台のパン棒を持ち替えて・・・私は千手観音様じゃありませんってば〜〜(笑)
そういう理由もあって、私は左手だけで操作が可能な、しかも1回だけの操作でフレーミングが固定できる自由雲台に拘って使っています。

でも、操作が素早い自由雲台にも欠点があります。
1、ボールを固定するノブを緩める度に、水平線も同時に傾く。
2、例えば下向きの撮影の場合、ノブでしっかりボールを固定しても、レンズの重さで(僅かですが)更に下に向きやすい事。
3、ボールを固定する時に、しっかり固定される直前にボールが少しだけ動く機種がある事。
1番目は、ファインダー内の水準器で確認すれば問題はありません。
2番目は、強度不足・耐荷重不足の雲台では起こり易い問題ですが、十分な強度と耐荷重があればそれ程に問題ではありません。
まぁその分重く&高価になりますが。
一番問題になるのは、3番目の、固定する時に動く事です。
動くと言っても、ほんの僅かですが。
でも、その僅かが、超望遠レンズを使った場合に問題になります。
マクロ撮影時でも同様です。
400mmのレンズで、3m離れた5mmの方眼紙を撮すという以前行った実験では、全く動かない機種もありますが、一番悪い雲台では方眼紙上で1cm程動いてしまうものがありました。
その1cmが遠距離では何十メートルもの距離になってしまい、これは重大な問題なのです。
そそ、自由雲台は8機種持っています(爆)
b0247527_18524331.jpg

3ウェイ雲台を含めると・・・恥ずかしくてとても言えません(再爆)


今年の春に、常用していた自由雲台が壊れてしまい、なんとか騙しだまし使ってきましたが、とうとう使えなくなってしまいましたので、カンボの2.4kgの自由雲台を使ってきましたが、これは性能は良いものの、なにせ重い(;_;)
三脚の下よりも上部分が重いという、ちぐはぐな状況です(^^;
過日、手持ちの自由雲台のテストを再度行ってみましたが、帯に短し襷(たすき)に長しというか、褌(ふんどし)には短し手拭には長し状態で、8年振りに新しく購入する事にしました。

新機種に希望するところは、上記の欠点の2番目は、しっかりした機種でしたらあまり問題はないので、やはり3番目です。
今回の購入にあたり、いろいろ調べました。
今までに聞いたことがない製品や、メーカー名は知っているが評価を知らない製品など、ネットを使っての情報を得ようとしましたが、有名機種についての情報はあるものの、新興メーカーの情報が殆ど無く、自分の操作に合った機種&高性能の機種選定に苦労しました。
で、購入したのは・・・全く情報がない製品(爆)

b0247527_1853394.jpg

全く情報がありませんが、性能と操作性と価格を勘案した結果、人柱になる覚悟で購入してみました(^^ゞ
中国のSUNWAYFOTOというメーカーの、XB-52DLという製品。
背が高くなくローアングル撮影に向いている・作りは悪くない・表面などの仕上げも悪くない・操作は左手だけで行える・肝心の固定時の動きは、がっちりノブを閉めなくても固定されるので動きは殆んど無し。
しばらく忙しい状況なので、まだ実際の野外撮影には使っていませんが、さて、どんな評価を出せるでしょうか。
使っている内に使用感も変わりますので、それもまた興味深いですね。

また雲台が一つ増えました(爆)
[PR]
by cyan9203 | 2013-12-31 18:58 | 撮影機材 | Comments(4)


b0247527_12371048.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2013-12-30 12:38 | その他

ハンノキです。
平地や湿地で多く見られる、シラカバと同じ科の木。
長い円柱状は雄花、丸い松かさみたいのが雌花です。
b0247527_17164280.jpg


これは・・・何のツルかわかりませんが・・・グニャグニャ〜〜(笑)
b0247527_17165176.jpg


これは何の実でしょうか?
無彩色に近い林の中で目立っていました。
b0247527_1717989.jpg


これも何の実かわかりませんが、大きな木にいっぱいついていました。
これもまた鳥の餌になるんでしょうが、今年は、鳥達は飢えなくて良かったですね。
見た目、鳥でなくても美味しそう〜 って、食べるときっと下痢しますよ(笑)
b0247527_17174060.jpg


これは、私が好きなキササゲの木。
いえ、キササゲの実を食べるのではなくて、撮すのが好きという意味です(^^ゞ
いつも膝をついたり・寝転がったりして、見上げて撮しますが、今回は雲を入れたら面白い感じになりました。
でも、首は面白く無い感じになっています(;_;)
b0247527_1718174.jpg



以上です、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-12-20 17:19 | 公園 | Comments(10)

今年は、多くの木に実がなっているとよく聞きました。
前田森林公園でも、ツリバナ・ニシキギ・マユミ・ナナカマドにたくさんの実を見ました。
特にツリバナでは面白い写真を撮す事が出来まして、大変に満足しています(^^)
で、そのツリバナのその後はどうなっているか気になりまして、探してみると・・・
まだいっぱいの実がぶら下がっていました(^^)
b0247527_21435141.jpg


足元を見ると・・・これまたいっぱい実が落ちています。
数年後は、ここはツリバナのジャングルになっているかも(笑)
b0247527_21442144.jpg


ウジャウジャいっぱい枝にあるよりも、この方が可愛らしいですね〜。
b0247527_2144106.jpg


鈴なりのニシキギの実\(◎o◎)/
b0247527_21445254.jpg


幼木にもちゃんと実がなっています。
広角レンズで見ると、ちょっと変わった風景に見えます。
b0247527_21444649.jpg



その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-12-19 21:46 | 公園

「師」が走っているかどうかは知りませんが、「私」は走っています。
先月から忙しい状態が続いていまして、年賀状もまだできていない中、気晴らしに久々の撮影に行ってきました。
といっても、困った時の神頼みならぬ前田森林公園ですが。
前回、前田森林公園へ行ったのは10月初め。
今年は多くの木の実が豊作だったし、その後の様子も気になっていましたので、初冬の公園内を歩いてみました。

私の撮影の殆んどは、三脚を使います。
雲台は自由(ボール)雲台を使っていますが、これが春に壊れてしまいました。
最近まで騙しだまし使ったり、別の雲台(これが重い)を使ってきました。
自由雲台には拘りがありまして、内緒ですが8台も持っています(笑)
でも、どれもこれも一長一短で、今までに満足した物はありません。
今回、改めて私の使用方法に合った自由雲台を探し、評価などを調べてみました。
その結果、候補となる自由雲台が4機種ありましたが、使用記などがなく、使っている人も見当たらない状況。
それなら人柱(笑)になってやろうと、一昨日に新しい自由雲台を注文しました。
果たして、結果は・・・お楽しみに〜(^^)


昨日、家電量販店へプリンターのインクを買いに行ってきましたが、ついでに4KのTVを見学しましたら・・・スッゲー解像度&綺麗&鮮明\(◎o◎)/
それと、立体感がスッゲー\(◎o◎)/
を撮影中に思い出して、いつものシラカバの林で4KTVの立体感の真似をしてみました。
私の撮影では、TVに負けているかも〜〜(^^;
b0247527_20525921.jpg


今年は木の実が豊作でしたが、ナナカマドもまた多くの実をつけていました。
これが鳥の餌になります。
b0247527_20532518.jpg


これは枝にひっかかっていたナナカマドの実。
どうやら鳥が落としているみたいです。
b0247527_20533918.jpg


セイダカアワダチソウを撮していると、背後に人の気配が。
撮影を終えたのを見計らって、年配の男性が声をかけてきました。
男性「こんな枯れた草を撮してどうするんですか?」
私 「この草だけを見たら面白く無いでしょうが、例えば、この公園で見られる冬の植物を組み写真にすると、これが生きてくるんですよ。それで撮しているんです」
男性「なるほどね〜〜、私も花の写真を撮しますが、こんな草を撮している人を初めて見ましたよ」
私 「背景を変えたり逆光で撮すと、案外と面白いですしね」
男性「ほ〜、ちょっとファインダーを覗かせていただけませんでしょうか?」
私 「いいですよ(^^) どーぞ」
これが、その写真です(笑)
b0247527_2054091.jpg


いつもの、カナール脇のポプラ並木。
このゴツゴツした木肌が面白い。
b0247527_20541910.jpg


枯れたノリウツギ。
北海道ではこの木をサビタと呼びますが、何故なのかは判りません。
私の頭がサビタからではなく、ネットで調べてもはっきりしないのです。
b0247527_20544857.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-12-18 20:57 | 公園

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)