<   2013年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

由仁ガーデン 2/3


花の名前が判りませんので、キャプションなしでごめんなさい(^^ゞ
こんな花が咲いていた、というところを見て下さい。

b0247527_20165538.jpg


b0247527_20173376.jpg


b0247527_20173060.jpg


これはラムズイヤー(子羊の耳)
画像には見えていませんが、葉の厚さと感触が羊の耳に似ています。
b0247527_20203015.jpg


b0247527_20204926.jpg



その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-31 20:21 |

由仁ガーデン 1/3

横浜の友人夫妻と一緒に、由仁ガーデンに行って来ました。
友人夫妻と家内は花の鑑賞が目的ですが、私はちゃっかりといつもの撮影スタイルです(^^ゞ

園芸種の花の名前はカタカナが多く、とても覚えられませんので、今回は名前ナシでごめん。


これはピンクのカスミソウ。
後にボケている黄色い花は判りません。
b0247527_219477.jpg


これはカーネーション。
流行りの乙女チックな仕上げにしてみました(^^)
とてもキタネーおっさんが撮したとは思えないでしょ?(笑)
b0247527_2195670.jpg


ヤナギランを発見、しかもトンボのオマケ付きv(^^)v
b0247527_21103873.jpg


目の前を横切った鳥が、すぐ近くの枝に留まりました。
これはアカモズですね。
b0247527_2110348.jpg


これは名前が判らない
b0247527_21113311.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-30 21:12 |
やっと目的地にたどり着きました。
期待しながら周囲を見渡しますと・・・少し先の斜面にヤナギランが咲いていますv(^^)v
といっても、こちらは一昨日辺りから咲き始めたといったところでしょうか。
b0247527_22574367.jpg


下から様子を見ながら少しづつ登ります。
道のすぐ脇にも咲いています。
b0247527_22573499.jpg


この群生は斜面に張り付いています。
b0247527_22574919.jpg


ここに着く前から少し雨が降っていましたが、残念ながら札幌の市街は霞んで見えません。
b0247527_22584134.jpg


手前はヨツバヒヨドリで、向こう側がヤナギラン。
この二つが混ざっている所もありますが、この群生同士が、はっきり分かれている所もあります。
b0247527_22582347.jpg


ヤナギランはこのような花です。
斜め上から撮しています。
b0247527_22591266.jpg


ヤナギランの花は穂状になっていまして、時間をかけ下から順番に咲きます。
この個体は既に下の花が萎んでいますね。
b0247527_22585520.jpg


この頃になると雨の降り方が少し強くなって来ましたので、撮影を中止し、下山することにしました。
所によっては、霧が斜面を登って来るのが見られました。
これを撮した後の僅かな時間で、周辺は真っ白になってしまいました。
b0247527_22591093.jpg



というわけで、取り敢えずヤナギランの群生を撮すことが出来ました。
でも、今回私が撮してきた群生は、ほんの入り口だけでして、この先にはずっと群生が続きます。
もう1週間ほどすると、斜面一面をヤナギランが埋め尽くす光景を見ることができると思います。
さあ、その頃の私に、再度登る気力と体力の回復がなされているでしょうか・・・(笑)

これで以上です。
ありがとうございました。

数日間留守にします。
申し訳ありませんが、頂いたコメントには、後日ご返事をさせて頂きます。

[PR]
by cyan9203 | 2013-07-25 23:09 | | Comments(10)

ゲレンデ内の花畑を確認した後は、車道を登ります。
山頂までずっとゲレンデを登る道もありますが、結構急な斜面があったりしますし、撮影機材を背負っての登山は重心が背中にかかってしまい、メタボおじさんには危険なので、いつもと同様に撮影しながらのダラダラ〜登山です(笑)


ところどころにヤマアジサイ(エゾアジサイ)が咲いています。
今回見たヤマアジサイは全てが薄い青色でした。
私はこの淡い自然の色が好きです(^^)
b0247527_958286.jpg


ツルアジサイも咲き始めています。
こちらは全てが白色。
b0247527_9575876.jpg


フキの葉に隠れていたこの花は・・・ハイキンポウゲと思います。
これに似た花はたくさんありますので、同定が難しいですね〜(^^ゞ
間違っていましたら教えてください。
b0247527_9583654.jpg


登山道脇の林が一部切れて、札幌の町が霞んで見えます。
が、札幌のどちら方面を見ているかが判らないので、同じく正面の特徴的な山(芦別岳?)も判断できません(^^;
b0247527_9592295.jpg


山頂近くまで登ると、コウリンタンポポがありました。
でも、ここでは漸くツボミが開き始めたところです。
やはり、下とは10日ほど遅いですね。
で、ヒョウモンチョウを、またお尻から撮したりして・・・どうも私は蝶にそっぽを向かれます(^^ゞ
b0247527_959467.jpg



その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-25 10:00 | | Comments(2)

13日に撮影してきた手稲山の花畑は、コウリンタンポポ・フランスギク・ツメクサなどの群落でしたが、その周辺には既にヤナギランがポツリポツリ咲き始めていました。
この花畑は標高600m程のロープウェイ(休止中)乗り場の近くですが、今回の私が撮影目的とするヤナギランの群生は、標高1023mの山頂近くにあります。
前回の花畑と山頂では、気温などの気象条件から花が咲く時期が違います。
前回の撮影から1週間過ぎていますから、もうそろそろ山頂付近でもヤナギランが咲き始めるだろうとの予想で行って来ました。


先ずは、前回撮影した花畑の、その後の様子を見て来ました。
その時のヤナギランは花畑の向こう側に咲いていましたが、今回は花畑に着く手前にも咲いています。
b0247527_955282.jpg


ゲレンデを縦断する登山道の脇にも咲いています。
山頂付近のヤナギランが期待出来ます(^^)
b0247527_962520.jpg

b0247527_964410.jpg


前回の花畑のその後・・・\(◎o◎)/
コウリンタンポポの花はすでに綿毛に変わっていました。
この綿毛の数! こりゃどんどん増えるわけだ・・・!
残っているのはアカ・シロツメクサとブタナ(この名前をやめてタンポポモドキにしよう)です。
b0247527_9754.jpg


でも視線の方向を変えると、フランスギクを中心として、まだ少し花畑は残っていました。
b0247527_972043.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-24 09:11 | | Comments(4)

畝が幾重にも続いていますので、望遠レンズの圧縮効果で重ねるとかなり煩雑になってしまいます。
それで疎らな花を探して、前&後のボケに使ってみましたが、これでは少し寂しいか・・・?
でも、色が3色入っているから良しとしよう(意味なし)
b0247527_17164798.jpg


これは駐車場向かいの小さな畑の、秘密の場所から撮しています。
人が大勢いるのに、秘密の場所とはこれ如何に(笑)
b0247527_17182681.jpg


これも同じ場所から撮しました。
寝転がったり腹ばいにはなっていません(謎)
b0247527_1719720.jpg


やはり木を利用するのが、私が好む写真になります。
b0247527_1719089.jpg


今回思いついて、ハナショウブでは初めて行った撮影・・・アングルファインダーを使い、下から見上げています。
茂った葉を背景に使いますので、白い花を選んでみました。
周囲からは「何やってるんだ!?」とばかりに、白い目で見られました(^^;
b0247527_17201089.jpg



以上です。
似たような写真ばかりになってしまいましたが、ご覧くださって、ありがとうございました(^^)
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-19 17:21 | | Comments(10)

花ごとに畝があり、それがダーっと並んでいます。
一体何種類の花があるんでしょう!
今回は、花が重ならないように気を付けて撮しましたが、それもなかなか難しいです。
畝を縦に撮せば同じ花が重なってしまいます。
横から異なった種類を重ねても、注視する花以外はボカすようにしてみましたが、果たして良かったのかどうか・・・(^^ゞ
b0247527_1875797.jpg


原種のノハナショウブに近い色と形ですが、よく見ると内・外花被(花弁)の形状が違います。
b0247527_1884010.jpg


種類ごとに作者と作品名の名札があります。
でも、多過ぎてとても覚えられるものではありません。
元々のノハナショウブは赤紫色ですが、どうしたらこんな色になるんでしょう(・_・?
背景はラベンダー畑です。
b0247527_189434.jpg


逆光で撮していますが、手前の青いハナショウブは少し木陰に入っています。
b0247527_18101128.jpg


昨年も同じ出来事がありました。
私は自然の様々なものを撮します。
ハナショウブを撮しに行っても、周囲に自然の花があってそれが可愛いと思えばそれも撮しますし、川に興味が行けば&昆虫が面白いと思えば、それらも勿論撮します。

樹の根元にギボウシが咲き始めていましたので、その姿が可愛いと思い撮していましたら、
後ろから笑いを含んだ男性の声が・・・
「ショウブを撮さないで、なんであんな花を撮すんだろうね」
との声が聞こえました。
ご心配なく、ハナショウブも無論しっかりと撮しています。
それと、あんな花ではなく、ちゃんと「ギボウシ」という名前があるんですよ>おじさん達
鮮やかさや形ばかりに目を奪われて、自然の素朴な花に目が行かないとは、片手落ちではありませんか?
そもそも園芸種の元は、全てが野生種なんですよ(゚゚)(。。)
それとね、ショウブとハナショウブは全く別物なんですよ〜〜〜っだ(笑)

その後、ばったり会った友人に教えて貰って判った事ですが、奇しくも昨年に同様の事を言っていた、失礼なおじさん&おばさんと同じ写真教室の人達でした。
何年か前に、私が撮影途中にカメラザックのレンズを取りに行っている間に、私のカメラを三脚ごと横に移動させて、ちゃっかりそこで撮影をしていたおばさんの写真教室なんですけど。
写真教室のレベルが痴れますよね〜、困った事です。
しかしね〜、昨年といい今年といい、その写真教室ではどう指導しているのか?
写真の知識・撮影技術より先に、マナーを知ってほしいものです。
b0247527_18105383.jpg



その3へ続きます・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-18 18:16 |

札幌市の豊平区の住宅街の中に、広大な敷地を持った農業専門学校があります。
「学校法人 八紘学園 北海道農業専門学校」が正式な名称ですが、市民には八紘学園で通じます。
八紘学園では、毎年この時期にハナショウブの畑を開放して、花を鑑賞させてくれます。
八紘 花便り」のブログで開花状況を公開してくれていますので、その情報を元に撮影に行って来ました。
幸い天気に恵まれ、花を愛でながら気持ちの良い撮影ができました(^^)
毎年ありがとうございます>学生さん&先生

そそ、今までは全くそんな症状がなかったんですが、今年になってから陽に当たると腕に赤い発疹が出て痒くなります。
これって日光湿疹か(・_・?
私って、意外にも柔肌だったとは\(◎o◎)/
な〜んて冗談はさておき、炎天下でも長袖を着るはめになってしまいました(滝汗)


ハナショウブの畑は大小2つありまして、これは大きい畑です。
b0247527_21575018.jpg


ハナショウブの畑の奥に、ちょっとした林があります。
私はこの林の木立を利用してハナショウブを撮すのが好きです。
b0247527_21574572.jpg


葉が茂った木を利用すると、陰影の対比がある写真が可能になります。
b0247527_21584061.jpg


これは林の中からハナショウブの畑を撮しています。
b0247527_21582694.jpg


ガッツガツと音がしますので、そちらを注視しているとアカゲラが幹を回って出て来ました。
b0247527_21592483.jpg



その2へ続きます・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-17 22:02 |

花が多い所を望遠レンズで撮すと、こんな状況です。
b0247527_16322254.jpg


草花サバイバルゲーム? バトルロワイヤル? 異種闘技戦?
最後に勝ち残る外来種は、はたしてどれでしょうか・・・。
b0247527_1633677.jpg


白い花がフランスギクです。
似た花で、マーガレット・ジョチュウギクなどがありますが、ここに咲いているのは全てフランスギクらしいです。
b0247527_16332848.jpg


群落の端を、登山道の方に向かって撮しています。
背が高い黄色い花はキバナコウリンタンポポです。
b0247527_16341472.jpg


登山道に腹ばいになって撮しています。
ピンクの前ボケはアカ(ムラサキ)ツメクサです。
b0247527_16341345.jpg


群落の隅にヤナギランが咲き始めていましたが、コウリンタンポポの群落とは住み分けができているように見えました。
b0247527_16342867.jpg


私は動物・鳥・昆虫などの動くものはほとんど撮しませんが、目の前でジッとして動かないのでついつい撮してしまいました(^^ゞ
蝶の名前は全く判りませんので、登山口で蝶の採集をしていた好青年(本当に良い感じ)に同定してもらいました。
これはヒメシジミで高山帯に見られるという事でした。
環境省の指定準絶滅危惧種になっているらしい!
それにしても、下手な撮し方(爆)
b0247527_16351368.jpg



以上です、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-16 16:38 | 低山地 | Comments(12)

3日に撮影に行った手稲山の花畑は、昨年の同時期よりも開花が遅く、キバナコウリンタンポポが咲き始めたばかりという状況でした。
その後、所用が重なりなかなか行けない状況が続いていましたが、13日になってやっと行ける時間が出来ましたので、いそいそ出かけてまいりました。
いつもは車道にもなっている登山道を、周囲の林を覗きこんだり撮影しながらダラダラ登りますが、今回はゲレンデを一直線にダァーっと・・・背中に重い機材を背負っているにしても・・・ゼーゼーハーハー・・・体力の無さを痛感しました(^^;
結局いつものように撮影しながらダラダラ〜〜〜っとでした(笑)


ゲレンデの中間程まで来ると、ヤナギランが咲いていました。
背後にボケている白い花は、トリアシショウマです。
山頂近くにはヤナギランの群生がありますが、この体力の無さでは、今年は山頂まで登れないのではないでしょうか・・・。
b0247527_9275976.jpg


ゲレンデの上辺近くまで登ると、コウリンタンポポが見えて来ました。
ゼーゼーハーハーしながら登った甲斐がありました\(^o^)/
b0247527_9281614.jpg


スキーコース脇の斜面にもコウリンタンポポ。
b0247527_9284228.jpg


コウリンタンポポは濃いオレンジ色
黄色いのはキバナコウリンタンポポとブタナ
ピンクはアカツメクサ です。
ここには写っていませんが、他にもフランスギクとシロツメクサが咲いていました。
b0247527_9285967.jpg


石狩湾を臨みます。
遠くに見える山は、増毛山地か暑寒別岳でしょう。
ここ(道があります)に腰を下ろして、おにぎりを頬張りました(^^)
b0247527_9292320.jpg


花畑の全景をと思い、広角レンズ(フルサイズの24mm)で撮しましたが、全体は入りません。
b0247527_9295478.jpg


それではと魚眼レンズを出して撮しましたが、やはり全景は入りませんでした。
(山にまで魚眼レンズを持っていく馬鹿な>私(^^;)
下の黒いものは私の影です。
髪が薄くなると共に、影も薄くなってきた\(◎o◎)/
b0247527_930275.jpg


その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-15 09:32 | 低山地

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)