<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

戸田記念墓地公園の桜


もう今年の桜は終わりました。
な〜〜んて思っていたら、石狩の霊園の桜が満開になったとの情報がありまして、急遽行って来ました。
初めて行く所なので予めネットで調査したものの、現地に着いてみると、その規模の大きさに全体像が掴めません(^^;
どこに行ったら見応えのある桜があるのか、全く判りません。
そんな私達が「どこら辺が一番良いんですか?」と尋ねられる始末(笑)
近年になってから有名になったのか、それとも私が知らなかっただけなのか・・・。
いずれにしても、また来年の桜が楽しみになりました。

取り敢えず車を置いた目の前から撮影を始め、一番密度が高そうな方向へ向かいます。
ところがここは墓地。
ずら〜〜っと並んだ墓石を入れないで撮すのが大変!
おまけに平日なのに結構な人出!
画面に人と墓石を入れないで撮すのって、難しいものなんですね〜。



背後の山は・・・浜益辺りの山でしょうか、雪山と桜の組み合わせ。
北海道らしい風景ですね。
b0247527_10101480.jpg


両側に桜の並木がある道路ですが、とにかく人が多い!
人を入れないで撮すと、こういう画像になります(笑)
本当は並木の状況を、樹の根元から撮したかったんですが。
今年は、桜の花と若葉と一緒に見る事ができます。
b0247527_1011391.jpg


一部、並木が片側二列になった所がありまして、見方によって複雑な配列に見えました。
ローアングルで木の隙間から撮しています。
b0247527_10112482.jpg


幹から直接咲いている花って、何故か気になります。
これはこれで可愛らしいですし、いかにも桜の咲き方ですよね。
b0247527_10114712.jpg


並んだ墓石の間は芝になっていますが、そこにもタンポポが咲いています。
墓石をタンポポで隠そうとしてローアングルで撮しましたが・・・低すぎたわい(^^;
b0247527_10115889.jpg


春の一時期、山が紅葉の様に見えることがありまして、春紅葉(はるもみじ)と呼びます。
その現象の一つはカエデの花ですが、その春紅葉と桜を一緒に撮せました。
b0247527_10121887.jpg




見る度に素敵と思える桜の撮影はまだ続けるでしょうが、これで今年の桜のアップロードは一段落しようと思います。
本州の皆さんには、既に食傷気味の桜だったでしょうが、いつも見てくださって、ありがとうございました(^^)
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-28 10:16 | | Comments(6)

紅桜公園の桜 その2


桜を撮しに行ったものの、目には桜以外の芽吹きの緑がチラチラと・・・。
これは撮さないわけにはいかないと、緑もいろいろ撮してきました。


私が好きな針葉樹の木立。
でも、まだ納得できるまで撮せていません(^^ゞ
今回は、桜をちょこっと入れてみましたが、これはむしろ蛇足ですね〜(^^;
b0247527_1815537.jpg


新緑と太陽、やっと良い季節が来ました。
b0247527_1821953.jpg


一番奥にある、私がいつも気になる池です。
気になるけど、なかなか上手く撮せませんので、今回は背景として使いました。
b0247527_183559.jpg


散った花びらが広がっていました。
木の影とのコントラストが目に新鮮です。
b0247527_1824959.jpg


花が散り、だいぶ隙間が出来た枝の間から撮しました。
b0247527_1835011.jpg


和風の喫茶室に、一輪のシラネアオイ。
b0247527_184550.jpg



以上です、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-27 18:04 | 公園 | Comments(8)

紅桜公園の桜 その1


紅桜公園は、札幌市南区澄川にある私設の公園です。
名前のごとく、桜の名所として有名です。
公園全体が日本庭園のつくりになっていまして、大小の池がいたるところにありますので、水の撮影が好きな私にとって嬉しい撮影場所の一つです。
桜ばかりではなく、秋には紅葉の名所にもなっています。

満開の桜は勿論見応え&撮し応えがありますが、私見では寧ろ少し散った方が撮し易いと思っています。
枝がスッキリしますし、落ちた花びらの撮影も可能です。

そうそう、この公園に行かれる方にお願いがあります。
私設の公園ですので、維持管理などに大変な費用と労力が必要とされます。
是非、入場料または食事・喫茶などをご利用ください。


気温が低く風が少し冷たいものの、日差しがあって歩くと多少汗ばむ程の天気でした。
雲が少ないので、太陽が雲間から顔を出すのを待つ必要もなく、これを撮せました。
b0247527_20351619.jpg


枝に残った花が少なくなり隙間ができていましたので、そこから池を撮しています。
b0247527_20351393.jpg


水に浮いた花びらと池に映った桜の葉ですが、単に水の模様として見て下さい(^^;
b0247527_20355083.jpg


陽が当たらない池の一部分。
林の隙間から、少しだけ光が差し込みました。
b0247527_20354892.jpg


ちょうど目の高さに枝が伸びていましたので、広角レンズで撮しました。
広角レンズでも開放で使うと、けっこう背景がボケてくれます。
b0247527_2036164.jpg




紅桜公園の桜 その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-26 20:37 | | Comments(4)

東明公園の桜


岩見沢の玉泉館跡地公園の後、美唄の東明公園へ桜を撮しに行きました。
東明公園は昨年の秋に紅葉を撮しに行ってますが、その時はヒグマが出た\(◎o◎)/という事で公園内には入れませんでしたので、1年ぶりということになります。
この公園に着いた時には、青空が臨めるまでに天気が良くなっていました。

本州の皆さんにとっては食傷気味の桜でしょうが、少しだけお付き合い下さい。
って、この後もまだ続きそうですが・・・(笑)


木によっては散り始めているのもあり、この木のように咲き始めた直後のものもあります。
b0247527_2118318.jpg


満開の桜をバックに、小さなツボミ。
b0247527_21191767.jpg


花がそのまま落ちています。
もしかして、鳥の仕業でしょうか?
地面にはいくつも落ちていますし、洞にも引っかかっていました。
b0247527_21193165.jpg


手前の木は桜の木、真ん中の木はポプラ。
b0247527_21194666.jpg


陽が傾いてきて、逆光で撮すことが出来ました。
満開で花が鈴なりの桜は勿論素敵ですが、このような桜もまた可愛らしいですよね。
b0247527_21202179.jpg


以上です、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-25 21:22 | | Comments(2)

玉泉館跡地公園の桜

過日、岩見沢の玉泉館跡地公園へ桜の撮影に行って来ました。
昨年の秋に、sumikoさんに教えて頂きました、住宅地にある公園です。
以前は「玉泉館」という旅館の庭園だったそうですが、当時から、春の桜&秋の紅葉の名所です。
公園の中央には池があり、桜をはじめとする周囲の樹木の映り込みを期待して行きました。
公園に到着した時は曇り、昼を過ぎてから徐々に青空が見え始めましたが、その頃は既に池の周りを一周していました(^^ゞ
次の撮影地の予定があり、もう一度池を回る時間もなく、惜しい気持ちのまま、ここでの撮影を終えました。


池に近づいてすぐに目に入ってきた光景。
浮いている葉はスイレン(ヒツジグサ)です。
b0247527_2053481.jpg


花の色が違う桜。
どちらも名前が判りません(^^ゞ
b0247527_2055286.jpg


これは、おそらくエゾヤマザクラ  (本当か? (^^;)
木の隙間から、上を見上げて撮影しています。
b0247527_206716.jpg


池の中にも桜。
これに青空が映っていれば、もっと華やかな印象になるんでしょうね。
b0247527_2062171.jpg


風か前夜の雨で落ちた桜。
普通、花びらが散って落ちますが、花が丸ごと落ちていました。
b0247527_2075285.jpg


桜は勿論撮しましたが、池に映り込む光景が気になって・・・(^^ゞ
b0247527_207932.jpg


sumikoさん、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-24 20:10 | 公園 | Comments(2)

農道を走ったり土手を走ったりして、花を撮し終えて舗装道路に戻る途中に、溜池を見つけました。
溜池の周囲には木立があり、更には池には枯れた葦が倒れています。
陽射しの状況によっては面白い影が見られると思い、カメラを三脚にセットして雲から太陽が出るのを待ちます。

b0247527_18203963.jpg


b0247527_18212329.jpg


b0247527_18213734.jpg


b0247527_1821328.jpg


思いがけず、ちょっと面白い映り込みを見ることが出来ました。

士別での撮影の成果は以上で終わりです。
ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-23 18:22 | 湖沼 | Comments(4)

士別の春の花 その4

天塩川の堰堤でエゾエンゴサクの群落を見つけました。
フキノトウとは縦に住み分けているようで、交互に群落が続きます。
b0247527_20272388.jpg


同色系で目立ちませんが、空を背景にエゾエンゴサク。
手前をボカして&背景を単純化出来たので、えーぞー前後策   ☆/(x_x)
b0247527_2027388.jpg


この土手のエゾエンゴサクは青色・水色・紫色が殆んどですが、1つだけ赤色を見つけました。
b0247527_20271774.jpg


白い花はアズマイチゲです。
小さな群生をなしています。
b0247527_20272138.jpg


これはキバナノアマナ。
小さな花ですが、エゾエンゴサクの中にあっては目立ちます。
b0247527_20284372.jpg


その5へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-22 20:31 | | Comments(4)

士別の春の花 その3


車の空腹を満足させようと、一旦市街地に戻りガソリンスタンドに行きました。
ガソリンをたっぷり飲んで、車がゲップ・・・しません。

住宅地に隣接して神社があり、参道に沿ってカタクリが咲いていました。
b0247527_20255573.jpg


カタクリと一緒にエゾイチゲが咲いています。
後ろのカタクリが巨大に見えますね(笑)
※このイチゲはエゾイチゲで正解でしょうか? ヒメイチゲの様な気もしますが、葉の形状ではエゾイチゲと思います。
どなたか詳しい方、教えてください。
b0247527_20254932.jpg


巨樹の根元にはエゾイチゲが多くあります。
b0247527_20261539.jpg


この二つの花が混在していますが、なんとなく住み分けされている様にもみえます。
b0247527_20263530.jpg


受粉には昆虫が欠かせません。
b0247527_20265013.jpg


その4へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-21 20:36 | | Comments(6)

士別の春の花 その2


本州ではリュウキンカですが、北海道ではエゾノリュウキンカです。
リュウキンカの変種で、葉の形がフキに似ているのでヤチブキとも呼ばれます。
b0247527_20383210.jpg


咲いている所は、川のすぐ横など水気がある場所です。
晴れて太陽が出ていると、川のキラメキをボカして一緒に撮す事ができます。
b0247527_20384898.jpg


太陽が雲に隠れると、一転ソフトな描写になりました。
b0247527_2039412.jpg


この花はやはりキラキラが似合いますが、影もまた似合いそうですね。
b0247527_20385138.jpg


その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-20 20:39 | | Comments(6)

士別の春の花 その1

過日、しべつに行って来ました。
北海道には「しべつ」が二つありますので、その地方を代表する地名を付けて、士別市は上川士別&標津町は根室標津などと言いますし、「さむらいしべつ」と「ひょうつしべつ」と言う人もいます。
北海道には、他にも同じ読み方の地名、例えば・・・「えさし」では江差と枝幸、「もんべつ」では紋別と門別などもあります。
で、私が行ってきたのは士別市です。

行った日にロケハンし、春の野草花の咲く場所を確認、翌日に撮影して来ました。
市街地を外れると目の前にはすぐに畑が広がりまして、畑の背後は丘の様な林が続きます。
その畑と林の境界辺りにはミズバショウ・エゾノリュウキンカなどが見られました。
他にも川の堰堤にはフキノトウ・エゾエンゴサクなど・・・。

春の花が咲く順番、勿論重なる時期はありますが、私の住み地域ではフキノトウから始まって、フクジュソウやキクザキイチゲに続きます。
以前から気になっていましたが、雪解けが遅い地域ほどに多くの花は一気に咲き、その時期が重複しているのではないか?
今回の士別でも、いろいろな花が一度に咲いたという感じです。

撮影した順番に掲載します。


昨年行った時はそれ程でもなかったのですが、今回は水が多く足を進める度に長靴が沈みました。
辺り一面ミズバショウという訳ではありませんが、それでも魚眼レンズが使える程には、私の周囲はミズバショウが咲いています。
b0247527_19475053.jpg


一部には木立があります。
この木立を邪魔者と見るか、それとも効果として使うか・・・、
私は窓的な効果として使ってみました。
b0247527_19474620.jpg


仏炎苞を持つ特徴的なミズバショウですが、いつもありきたりな撮し方になってしまいますので、今回はいつもとは違った視点で撮してみました。
b0247527_19482320.jpg


これはミズバショウの葉。
初夏には芭蕉扇のように大きな葉になりますが、今はまだ丸まっていて開ききっていません。
b0247527_19484429.jpg


花を撮していたら、苞に虫が留まりました。
この虫が悪さをして困りました。
レンズ交換している最中に、この虫がレンズの後ろから中に入ってしまい、なかなか出て来ませんでした(^^;
b0247527_194936.jpg


その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-05-19 19:52 | | Comments(4)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)