カテゴリ:高山帯( 5 )

手稲山のその後 #3

先月に訪れた時よりも、コウリンタンポポはだいぶ花を開かせていました。
7分咲くらいでしょうか。
ムラサキツメクサ(アカツメクサ)・ジョチュウギク・ブタナ(黄色のタンポポみたい)は満開です。
これだけ咲き揃うと昆虫も集まってきます。
エゾシロチョウ・ルリシジミ、マルハナバチ、蚊、それにたくさんのケムシ(笑)
前回、左腕2箇所を毛虫に刺されて、大変な思いをしました。
長袖と長靴などの装備で行きましたが、天候に恵まれ暑くなったのでTシャツになったのがまずかった。
左腕に2匹の毛虫をつけていたのに気付かずに、車までご招待してしまいました(爆)
痒いと思った時は既に遅し、虫除けスプレーは持っていましたが、虫刺されの薬は持っていません。
結果、ボッコリ腫れて痒くて・・・近所の皮膚科のお世話になりました。
毛虫に刺されたのは初めてですが、痒くて痒くて・・・我慢していると胃が痛くなりそうでした。
今回は十分に注意しながらの撮影でしたので、毛虫にも蚊にも刺されずにすみましたv(^^)v
だけど、一緒に行った奥さんは蚊に刺されていましたっけ(笑)


b0247527_21204176.jpg


b0247527_2121521.jpg


b0247527_2121241.jpg


b0247527_21214262.jpg


b0247527_2122165.jpg


以上。
[PR]
by cyan9203 | 2012-07-15 21:23 | 高山帯 | Comments(0)

手稲山のその後 #2

登山道のすぐ脇には、時折、苔生した大きな石があります。
b0247527_15321955.jpg


花畑のすぐ近くには、ヤナギランが咲き始めていました。
山頂付近には、スキーコース一面にヤナギランが咲き広がっているところもありますが、根性なしの私はかなり気合が入らないと行けません(^^;
b0247527_15325549.jpg


b0247527_15331919.jpg


b0247527_15334062.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2012-07-14 15:34 | 高山帯 | Comments(2)

手稲山のその後 #1

先月から続いていた忙しい状況がやっと落ち着きまして、やっと撮影に出かけられるようになりました。
カメラを替え、それに伴うレンズも2本を新しくし、やっと入荷しましたし(^^)
それにしても、最新のレンズはスゴイですね。
ファインダーを覗いただけでも、以前使っていたレンズとの違いがはっきり判ります。

そんな機材を背負って、先月の25日に続いて手稲山に登ってきました。
登るといっても山頂までは行かずに、途中にある花畑が目的地です。
相変わらず花の名前を覚えるのは苦手ですが、ここに咲く花を確認して見ましたら・・・。
マーガレットはジョチュウギク、セイヨウタンポポと思っていたのはブタナかも知れません。
山野草に詳しい奇特な方が、私の間違いを指摘してくださると幸いです。

2週間も過ぎると植生が変わっていました。
樹木の葉は見た目にはそれ程の違いはありませんが、草花が徐々に入れ替わっています。
ミヤマキンポウゲとハクサンチドリは全く見られなくなっていましたが、ミヤマキンポウゲが咲いていた場所にはミヤコグサが、ハクサンチドリと同じ場所にはヤナギランが咲き始めていました。


登山道の両脇は自然林です。ツルアジサイが咲き始めています。
b0247527_22314476.jpg


トリアシショウマもちらほら。
b0247527_2232469.jpg


エゾノヨロイグサ・エゾノシモツケソウの群落。
b0247527_22322245.jpg


シダの種がいっぱい・・・こういう数学的というか幾何学的な物に目がいってしまいます(^^ゞ
北海道内には160種程度のシダがあるそうですが、それを覚えようなどとは、私はけして思いません。
b0247527_22325861.jpg


ヤマアジサイの萼は開き始めていますが、花はまだツボミのまま。
b0247527_22332015.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2012-07-13 22:36 | 高山帯 | Comments(0)

手稲山

まだ早いとは知りつつも、コウリンタンポポ(紅輪タンポポ)の様子を見に、手稲山に行ってきました。
ハイランドスキー場の駐車場から山頂に向かって登りますが、登山が目的ではありませんので、疲れて嫌になったらいつでも下山可能です(笑)
スキー場の中を歩くコースもありますが、山頂にある、TV放送送信設備まで工事車両などが通る事が可能な道路が付いていますので、そこを撮影しながらダラダラ歩きます。
この道路の両脇は原生林なので、良く目を凝らしてみれば時々珍しい花に出会ったりします。
以前、萼片の全てが綺麗に緑色になったミドリニリンソウを見つけたこともありました。

時期が良ければ、マーガレット・アカツメクサ・コウリンタンポポ・セイヨウタンポポ・ハクサンチドリが同時に咲く場所があります。
昨年は7月初めがピークでしたが、今年はコウリンタンポポがやっと咲き始めたところですから、少し遅れそうな気配です。
来月中旬に、もう一度行ってきます。
(例によって、花の名前を良く知りませんので、間違いがありましたらゴメンなさい)


道路脇にミヤマキンポウゲの小群落がありました。
時々、工事車両が通りますのでヒヤヒヤの撮影です(^^;
b0247527_21181383.jpg

b0247527_21184288.jpg

b0247527_21185971.jpg


トリカブトと同じ属のエゾノレイジンソウ(蝦夷伶人草)
1本だけ、林の中にありました。
これはまだ蕾です。
b0247527_2119127.jpg


咲き始めたばかりのコウリンタンポポ
b0247527_21193772.jpg

b0247527_21195471.jpg


ハクサンチドリもあちこちに咲いています。
図鑑みたいな撮し方ですね(^^;
b0247527_21201552.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2012-06-25 21:24 | 高山帯 | Comments(4)

珍しく山

この画像はスイスへ行った時に写した・・・なんてのは嘘で、実は定山渓の天狗山(通称定天)です。
写したのは、2002年の今頃です。
高さは1144.6m。
山として高いのか低いのか私には良く判りませんが、こうしてみるとすごく高いように見えますね。
定山渓から札幌国際スキー場へ向かう途中に札幌湖(ダム湖)があり、そこの駐車場からこの山を見ることができますが、よくよく見ると鉄塔と高圧線があり、どうしても一緒に写ってしまいます。
これは、途中で分岐する豊羽鉱山へ行く道路沿いで写した画像です。
こちらの方が手前に林を配したりできるので、それなりの写真になります(^^)v
定天への登山口は、さらに豊羽鉱山方向へ向かいますが、橋を渡ったところにある駐車場の左右で時々撮影します。
昨年も夏と秋の3回行きました。
白井川と右股川沿いに歩きやすい道がありますので、川を写したり山の斜面で樹木や花を写したりします。
ここの林の斜面には福寿草が咲きますので、今年もまた行ってみようと思っています。
早く春が来ないかな〜〜〜(^^ゞ

b0247527_2024499.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2012-02-22 19:39 | 高山帯 | Comments(2)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)