カテゴリ:公園( 100 )

香りの里ハーブガーデン


私が滝上町に行くのは、「陽殖園」での撮影が理由です。

陽殖園は、高橋武市さんが山をそのままにガーデンにしてしまった日本一変わった植物園です。

滝上町には山の傾斜を利用し、一面がシバザクラが咲く「芝ざくら公園」もあります。

他にも、ちょっと目立ちませんが「香りの里ハーブガーデン」もあります。

香りの里ハーブガーデンは、いわゆる流行り風のガーデンですが、小規模ながらも300種の植物がありまして、観て楽しむだけでなく撮影も楽しめます。

残念なのは、フレグランスハウスがずっと休館中な事。

再開して欲しいのですが・・・。


b0247527_17162957.jpg

b0247527_17163497.jpg

b0247527_17163871.jpg

b0247527_17164170.jpg

b0247527_17164547.jpg

b0247527_17164947.jpg

b0247527_17165206.jpg

b0247527_17165766.jpg


撮影中に、チラッと視界に入った20m程先の目立つ色。
花? 葉? (・_・?
なんだろうと思って近づいたら、なんと〜〜水撒きのホースじゃんか(笑)
b0247527_17170175.jpg

ご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2017-08-06 17:25 | 公園 | Comments(0)

ある原生花園


過日、旭川と士別で中2日空けて法事があるので、ついでにと思い立ち、前回の続きの旅行に行ってきました。

前回は6日間かけて、日高-十勝-根釧台地-オホーツクなどを巡ってきましたが、目的は原生花園の場所の確認とロケハンです。

今回は、オホーツクの残りとサロベツ原野などを巡ってきました。

原生花園の花のピークは6月から7月初旬なので、今回の旅行では、やはりあまり花は期待できませんでした。


原生花園を代表する小清水・浜頓別のベニヤ・サロベツには立派なネイチャーセンターやゲストハウスがありますが、たまには、名前だけは辛うじて知られてはいるものの、原野そのままという所もあります。

いえ、私は原野そのままでも一向に構いませんし、柵で囲まれた木道や遊歩道を歩いて一歩も原野に足を踏み出せない中で撮影するよりも、少しばかり足を踏み出して撮影できる方が嬉しいのです。

更に言えば、観光客が大勢来て、どこを撮しても人影が入ってしまうような観光地公園よりも、原野そのままの方が私は嬉しいんです(゚゚)(。。)


でもね〜、原野そのままでも、せめて看板と案内図くらいは設置して欲しいのです。

広大な原野のどこからどこまではが原生花園で中心はどこなのか、全く判らないのでは・・・何か虚しい気分になっちゃいます(笑)

看板、可能だったら狭くても構いませんから車の駐車スペースがあったらいいですね。

公園を管理するには、設備管理や人員など諸々の予算が必要なのは判ります。

でも、そこまでしなくても、やはり場所を確認できる何かがあると嬉しいです。


下は、そんな原野そのままの、ある原生花園の画像です。

国道ではなく、広域農道みたいな感じの道路を、いくつか直角に曲がりながら、距離にして約50kmを走ります。

たまにエゾカワラナデシコのピンクの色がチラッと視界に入りますが、車を停める脇道がないので気分はダラ〜〜〜と走りっぱなし(笑)

路側帯に車を停めても構わないとは思いますが、何故か走りっぱなし(^^;

来年は花のシーズンに行ってみたいと思いますが、たくさんある原生花園ですから、優先順位を考えなくてはいけませんね。


b0247527_17475281.jpg

b0247527_17480390.jpg

b0247527_17480754.jpg
ご覧くださいまして、ありがとうございました。



[PR]
by cyan9203 | 2017-08-05 17:50 | 公園 | Comments(0)

新冠町判官舘森林公園

過日、一人で旅行に行ってきました。
車中泊をしながら、以前から気になっていた原生花園を確認するためです。
季節的には花のピークを過ぎていましたので、今回はロケハンです。

行程は小樽から始まって、日高・十勝・釧路・オホーツクの1400kmでしたが、車中泊の5泊6日は疲れました(^^ゞ

写真は、新冠の判官舘森林公園で撮した「エゾシカ」です。
左の木の影にも2頭いましたが、恥ずかしいのか、なかなか顔を見せてくれませんでした。

b0247527_16581433.jpg



[PR]
by cyan9203 | 2017-07-31 17:03 | 公園

大沼 2/2


大沼森林公園の後は大沼に移動し、大小の小島とそれを繋ぐ橋によって作られた観光地を、背中にカメラザック&長い三脚をかついだ姿で、観光客の隙間を縫うように回りました。

三脚が邪魔してたらゴメンね>観光客の皆さんm(__)m

それにしても、平日にもかかわらず、いや〜〜観光客の皆さんの多いこと!

これも新幹線効果なんでしょうね。


季節柄、被写体は紅葉が主になりますが、ここは湖ですから当然周囲は水がいっぱいv(^^)v

水の撮影に興味を持っている私は、紅葉よりも水に目が行きっぱなしでした(笑)

という事で、大沼は水の画像を掲載します。


b0247527_14441707.jpg


b0247527_14442425.jpg


b0247527_14442975.jpg


b0247527_14443471.jpg


b0247527_14444067.jpg


b0247527_14444650.jpg


b0247527_14445119.jpg


b0247527_14445653.jpg



これで大沼を終わります。

いつもご覧くださいまして、ありがとうございました。





[PR]
by cyan9203 | 2016-11-09 14:47 | 公園 | Comments(2)

大沼 1/2


この日は、鹿部町の別荘地にある友人宅を伺う予定になっています。

鹿部町には大規模な別荘地がありますが、ご夫婦共に道産子の友人は、浦安の自宅を息子さんに譲って、退職後に鹿部に新たに居住しました。

新しい自宅は別荘地だけあって、敷地は300坪もあります\(◎o◎)/

日本のチベットと呼ばれる(友人曰く)豪雪地帯の私が住む小樽と違って、太平洋に面した鹿部は雪が少ないし大沼公園という自然豊かな地域に隣接しているし、別荘には最適な地と思えます。


香雪園の撮影を終えて鹿部町へ行く間には、昨日撮影した大沼公園があります。

前日と異なって天気が良いので、もう一度大沼公園でのリベンジ撮影を試みました。

先ずは大沼森林公園をちょっとだけ覗いてみました。


光が当たった紅葉は綺麗です。

透かしてみる葉はさらに鮮やか。

愛車(ウーパールーパー号)を一緒に撮したりして・・・(^^ゞ

b0247527_16395786.jpg


b0247527_16400518.jpg


b0247527_16401002.jpg


b0247527_16401678.jpg


b0247527_16402159.jpg


その2へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2016-11-07 16:42 | 公園

香雪園 3/3


早朝ということもあり、日差しのない紅葉はあまり艶やかではありませんでしたが、それでも時間が進むに連れ、光が当たった紅葉も見る事ができました。

それより何より、低い位置から徐々に入り始めたの光が、ヒバの樹林や庭園の苔を幽玄な姿に見せてくれました。

この公園と樹林は面白い! 一日中撮影ができそうです。

もう公園の中に家を建てたいくらい・・・また言ってるし > 私(^^;



b0247527_17083080.jpg


b0247527_17083636.jpg


b0247527_17084442.jpg


b0247527_17084955.jpg


b0247527_17085509.jpg


b0247527_17090222.jpg



これで香雪園を終わります。

いつもご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-11-05 17:11 | 公園 | Comments(0)

香雪園 2/3


翌朝は、この時期にしてはかなり冷え込むとの予報だったので、寝袋を2枚重ねして・・・学習能力がない私は、先月の車内泊と同様に寝汗をかいてました(爆)

起床後、車を函館に移動して、再び香雪園に戻り撮影を始めます。


香雪園は、明治35年に造園された豪商岩船氏の元別荘で、「旧岩船氏庭園(香雪園)」の名で北海道唯一の国指定文化財庭園との事です。

庭園内を散策しながら撮影を始めました。

途中、降霜の撮影に来たTVカメラマンの取材を受けましたが、怪しい顔貌の私では、きっと放映はされなかったんでしょうね(^^;


b0247527_14213782.jpg


b0247527_14214445.jpg


b0247527_14215027.jpg


b0247527_14220041.jpg


b0247527_14220538.jpg



その3へ続く・・・




[PR]
by cyan9203 | 2016-11-03 14:24 | 公園

香雪園 1/3


函館行きの目的は「香雪園」です。

自宅を出発するのが遅かった&大沼公園の小沼での撮影が長引いてしまい、香雪園に向かって小沼を出たのは、既に暗くなり始めた時間(^^;

久々に走る函館の道は相変わらず複雑で、カーナビがなければ間違いなく迷子になっています。

ナビ通りになんとか走り、すれ違いができないくらいに細い道(実際スレ違いができません)を抜けた所が香雪園の駐車場でした。

本当は明るい内に公園内全体を下見をしておきたかったのですが・・・って、着いたら、なんとー! 紅葉のライトアップをしているじゃありませんか\(◎o◎)/

日頃の行いの良い私にご褒美ですね(嘘)

ライトアップされているのは公園内のごく一部ですから、全体の下見は不可能ですが、それでも照明で明るく照らされている所だけでも確認しながらの撮影となりました。


なんとー、ライトアップの照明器具は、ナトリウム灯&水銀灯のスペシウム光線(古) いえ カクテル光線です。

人の目には順応性がありますが、カメラの撮像センサーには順応性がありませんから、ナトリウム灯の光は橙黄色、水銀灯の光は輝線を含んだ緑がかった白で、撮影したら一体どんな色の紅葉になっちゃうの?

数日後に帰宅して、PCで撮影した画像を確認したら、案の定、変な色の紅葉(笑)

それでも現像ソフトで色温度などの修正後には、なんとか見られる色になりましたので公開しちゃいます。


b0247527_16005650.jpg


b0247527_16011053.jpg


b0247527_16011638.jpg


b0247527_16012318.jpg


b0247527_16013925.jpg


撮影を終えたのが20時頃、さてどこに泊まろうか・・・。

翌早朝の撮影を考えると、香雪園の駐車場に泊まる(車中泊)のが最良なんですが、トイレなどを考慮して、車で30分離れた南茅部の道の駅に泊まる事にしました。

では・・・おやすみなさい〜〜〜。



その2へ続く・・・



[PR]
by cyan9203 | 2016-11-01 16:07 | 公園

小沼


大沼国定公園は、大沼と小沼と蓴菜沼(じゅんさいぬま)の3つの湖からなりたっています。

函館へ行く前に、ちょっと寄ってみました。

って、結局、函館からの帰りにもまた寄って撮影してしまうことになりましたが(^^ゞ


新幹線の開通に伴い観光客が増えている大沼よりも、実はネイチャーフォトには小沼のほうが適しているんです。

いえ大沼でも撮影は十分可能ですが、私の頭の中では大沼=観光写真という構図ができてしまっています(^^;


着いた時間が遅かった所為もあり、日没時間ギリギリでの撮影になってしまいました。


b0247527_21570412.jpg


b0247527_21571243.jpg


b0247527_21572865.jpg


b0247527_21574471.jpg



ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-10-30 22:00 | 公園

玉泉館跡地公園 2/2


人工の小さな滝がありまして、流れる水は小川となって池に注がれます。
小川を覆うようにアジサイが咲いていました。
b0247527_20324604.jpg

これはシモツケかな?
滝の前にあって涼しげ〜〜(^^)
b0247527_20325157.jpg

イトモミジ、同じ幹から赤い葉があったり緑の葉があったり(・・?
b0247527_20325582.jpg

周囲の林が池に映り込んでいます。
b0247527_20325997.jpg

これはノムラモミジ。
かなり難しい条件だったので、現像で補正しています。
b0247527_20330415.jpg
b0247527_20330771.jpg

自然の盆栽?
b0247527_20331135.jpg

カラスの行水を見てしまいました(笑)
b0247527_20331568.jpg

こちらは家族風呂か?
b0247527_20332593.jpg


以上で、玉泉館跡地公園を終わります。
ご覧くださいまして、ありがとうございました。



[PR]
by cyan9203 | 2016-09-02 20:36 | 公園 | Comments(0)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)