カテゴリ:植物( 14 )

陽殖園 2/2


植物園ですから、花だけでなく樹木もあります。

ガーデンでしたら、この様なツルアジサイは切り払ってしまうんでしょうね。

b0247527_19441644.jpg



ここでは払ってしまうどころか、ツルアジサイさえも驚くほどに立派に育っています。

さすがは園芸のプロ(゚゚)(。。)

b0247527_19442392.jpg



こうして花が咲き入り乱れていると、もう何がなんだか判りません(笑)

b0247527_19442851.jpg



花で鬱蒼とした小路。

b0247527_19443201.jpg



この林は、私が好きな場所の一つ。

b0247527_19444031.jpg



山頂近くには池がいくつかあります。

睡蓮とコウホネが咲いていました。

b0247527_19444491.jpg



このフロックスと思われる花はいたる所で見られました。

b0247527_19444931.jpg



受付に戻ってきて、高橋さんと岡山県から来られた可愛い女性と、3人で話している時に見つけたシーン。

b0247527_19445396.jpg



おまけです。

b0247527_19445699.jpg



以上で、陽殖園を終わります。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。




[PR]
by cyan9203 | 2016-09-05 19:48 | 植物 | Comments(2)

陽殖園 1/2


もう何度もご紹介していますが、地方で言うとオホーツクの、滝上(たきのうえ)町に「日本一変わった植物園」という触れ込みの「陽殖園」に今年も行ってきました。

全国から多くの花好き・植物好き・ガーデン好きな人が訪れていますし、私のブログに限らず情報は得られますので、検索してみてください。

陽殖園のホームページはありませんが、滝上町観光協会に簡単な案内があります。

http://takinoue.com/?yoshok


園主の高橋武市さんが、長年コツコツと山を花畑に変えてしまいました\(◎o◎)/

いわゆる計算された配置の洋風のガーデンとは異なった、いかにも自然の植物園らしい雰囲気が私は好きです。

もちろん植物に関してのプロである高橋さんですから、何気ない配列など自然のままのように見えるそこには、ド素人の私が聞いて驚く秘密があるのです。

8月28日に伺いましたが、7月に放送された「猫のしっぽカエルの手」を観て来られた方もいました。


ここへ行く度に思います。

記念撮影またはスナップ的に撮すのは全く自由で構わないのですが、しかしながら、ここでの作品作りは難しいと思います。

というのは、一般的なガーデンでは、花壇には色とりどりの花が見易くて見栄えがするように作為的に花を植えるので、誰でも容易くそこそこの撮影ができるしょうが、言い換えれば、それは誰でも同じ写真を撮せるという事に他なりません。

でも陽殖園では、そんな配置は全くありません。

私が初めて行った時は、いわゆるガーデンの趣とは異なった光景に、思わず笑ってしまいました。

笑ったとは言っても、呆れた笑いではなくて、楽しさいっぱいでの笑いです。

行ってみれば同意していただけると思います。

要は、私が時々する森林での被写体を見つけるトレーニングと同じように、自分で作品になる場面を見つけて作らなければならないのです。

ですから、ここでの撮影は難しい・・・。

って、私だけが難しいのかもしれません。

無心に花を楽しむ・・・そんな方でしたら、自然に素敵な作品を撮せるのかもしれませんね(^^)



ここが入り口です。

言葉は悪いですが、まるでジャングルに入っていくようですね。

b0247527_14344000.jpg



受付で入場料を払って、顔を右に向けると、もうこんなシーンが見られます。

b0247527_14344774.jpg



ここから探検 いえ(^^ゞ 散策が始まります。

b0247527_14345128.jpg



例によって って何の例だよ いえ だから 花についても詳しくないので、花の名前はゴメンさせてください(^^;

でも、これはフロックスかな? 違ってたらご指摘下さい。

b0247527_14345453.jpg



林をバックにすると、シックでいい感じ(^^)

b0247527_14345736.jpg



この花は園芸種でしょうが、ここでは野生種に見えてしまいます。

b0247527_14350161.jpg



昨年、初めてレンゲショウマを見つけましたが、今年は数が増えていました。

ここのレンゲショウマは、ガク片が鮮やかです。

それにしても、この花も撮すのが難しいな〜〜(^^ゞ

b0247527_14350425.jpg

b0247527_14350742.jpg



その2へ続く・・・





[PR]
by cyan9203 | 2016-09-04 14:40 | 植物 | Comments(2)


例年はフクジュソウから始まる花のシーズンですが、降雪が少なく雪解けが早かったせいなのか、当然のこと全体に花が咲き始める時期が早いものの、場所によっては例年通りだったり、今年は苦労しそうかも・・・。

というのはきっとシーズン初旬だけで、徐々に例年通りになっていくんでしょうね。


ここ星置緑地のミズバショウも、例年よりも10日ほど早く咲き始めました。

それで今年は、ミズバショウからのシーズンスタートとなりました。

今月中旬に咲いたものの降雪があり、純白の仏炎苞は傷んで褐色になりましたが、今週になって新たに咲いた花は綺麗です。

エゾノリュウキンカも同時に咲き始め、私が知る限りでは、今年が一番綺麗な状況になっています。


ここは湿地なので雪解け水と伏流水で池のようになっています。

ミズバショウを撮す前に、水に映るヤチダモも樹影を撮します。


b0247527_21510645.jpg


b0247527_21511087.jpg


b0247527_21511392.jpg


b0247527_21511688.jpg


b0247527_21511964.jpg


その2へ続く




[PR]
by cyan9203 | 2016-04-23 21:53 | 植物 | Comments(6)

晩秋の前田森林公園 3/3


アシ(葦)はヨシとも呼ばれますが、本来は「アシ」です。
アシが「悪し」を連想させるので、反対の「良し」と言い替えたらしい・・・!
一見ススキに似ていますが、同じイネ科の植物ですから似ているのは当然なんでしょうね。
一番簡単な見分け方は・・・ススキは株でアシは株ではありません。
公園内の数カ所に、アシがまとまっています。
ススキと同様に、逆光で撮すと穂が光って綺麗ですね〜(^^)
b0247527_13321978.jpg

b0247527_13323724.jpg

b0247527_1332559.jpg


これはアシではありませんが、やはり逆光で見るとキラキラしています。
b0247527_13331350.jpg


イタドリはどこでも良く見かける植物ですが、逆光で見るとこんなにも綺麗とは、今回初めて知りました\(◎o◎)/
b0247527_13334047.jpg


中央の一部分を撮しています。
b0247527_1334893.jpg


アザミも輝いてくれました(^^)
b0247527_1334262.jpg



これで晩秋の前田森林公園を終わります。
ご覧くださいまして、ありがとうございました。

More・・・
[PR]
by cyan9203 | 2014-12-01 13:39 | 植物 | Comments(18)

晩秋の前田森林公園 2/3


公園の中央には運河があり、その周囲は様々な種類の木で林が作られています。
林の今は背が高い草が枯れて下草だけになっていますので、林の中も歩きやすくなっています。
林の中を歩くと、ところどころに枯れたオオウバユリが立っています。
実は爆ぜて種は残っていませんが、これが時には光を透かして綺麗なので、逆光下で好んでこれを撮します。

b0247527_14551152.jpg

b0247527_14553643.jpg

b0247527_1456369.jpg

b0247527_14562090.jpg

b0247527_14563876.jpg

b0247527_14565773.jpg



その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2014-11-30 14:57 | 植物 | Comments(8)

晩秋の前田森林公園 1/3

過日の、初雪にしてはドッサリ積もった雪は、すっかり融けてしまい、今は秋の風景に戻ってしまいました。
雪が降らない地域の方にはこれも冬の風景と思うでしょうが、北海道に住む私にとっては、冬は雪景色で雪がなければ秋の風景と勝手に思っています(^^ゞ
今年も数カ所で秋の写真を撮しましたが、綺麗な紅葉ばかりを撮して他をあまり撮していないような気がして、何か物足りなく思っていましたので、雪が融けたのをこれ幸いにと、もう一度秋の光景を撮そうと、前田森林公園へ行ってきました。
一度雪が降ったにもかかわらず、植物はまだ健在でした。
勿論、草などは既に枯れてしまっているものが殆どですが、中にはまだ紅葉している樹木の葉があったりして、凝縮された秋の景色を見て&撮影してきました。


駐車場から入ってすぐにある白樺の林。
ここは毎回撮しますが、今回は葉が落ちた木を青空に配置しました。
b0247527_10275223.jpg


ノリウツギ(北海道ではサビタとも呼びます)が、自然が作ったドライフラワーになっていました。
枯れてもなお私の被写体になってくれるこの花は、この季節から冬の間に面白い姿を見せてくれます。
b0247527_1028882.jpg

b0247527_10282233.jpg

b0247527_10283599.jpg


これが何という名前なのか判らない(^^ゞ
まだ紅葉を保っていて、一際鮮やかに目立っていました。
b0247527_1028537.jpg


ほとんどの木が葉を落としていますが、赤い葉が少しだけでも残っていると、もう写真に撮さなければという気になってしまいます(^^ゞ
b0247527_10291350.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2014-11-29 10:33 | 植物 | Comments(4)
レンゲショウマの群生は、鱒見口から入った渓流ゾーンにあります。
渓流ゾーンには自然種の花が多くありますので、雪解け直後からの撮影が可能です。
小規模ながらフクジュソウ・ミズバショウ・ニリンソウなどの群生もあり、スプリング・エフェメラルの撮影はここだけでも可能です。
レンゲショウマだけでなく、眼についた他の花&植物も撮してきました。


トラノオと思いますが、それにしては細い!
改めて調べましたら、サラシナショウマかもしれません。
植物の同定は難しいです(^^ゞ
b0247527_15302668.jpg


クルマバツクバネソウの実
りっぱな実ですね、もうすぐ地面に落ちます。
b0247527_1531275.jpg


ギボウシが頑張っています。
b0247527_15302758.jpg


これもギボウシです。
これから開く花もあります。
b0247527_15304648.jpg


これはドイツスズランの実です。
赤いのも、これから赤くなるのもあります。
美味しそうに見えますが、これは有毒です。
b0247527_15315891.jpg


テンナンショウ。
茎がまだら模様なので、コウライテンナンショウと思います。
別名マムシグサ! これも有毒植物です。
もう少しすると、緑色の実が鮮やかな赤色に変わります。
b0247527_15315275.jpg



以上で滝野すずらん公園再訪を終わります。
ご覧くださいまして、ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2014-08-29 15:33 | 植物 | Comments(4)
初冬の玉泉館跡地公園 その2/3

今年もまた紅葉の撮影を楽しみました。
まだ青々とした葉に混ざった初期の紅葉の頃から撮し始め、雪が降ってからもまだ撮しています(笑)
紅葉の最後のシーンは、雪の上に落ちた鮮やかなカエデの葉の予定ですが、過日の降雪の折には撮す事ができませんでした。
今はもう殆んどの葉が落ちてしまいましたので、今年はこのシーンを撮すのは難しいかもしれません。
玉泉館跡地公園でも、枝に残っている葉は殆んどありませんでした。

これはサクラの葉。
かなり傷んで穴だらけですが、紅葉の終わりによく見られるシーンです。
b0247527_1257308.jpg


枝ではなく、幹から直接出ている葉に可愛らしさを感じますが、この葉だってちゃんと紅葉するのがまたけなげですね(^^)
b0247527_12584185.jpg


池の縁に立っていた幼木。
さて、これはサクラでしょうか。
b0247527_12591186.jpg


池の一角にはガマの株があります。
奥にある氷が光って、海岸の波打ち際の様になってしまいました(笑)
b0247527_12592663.jpg


前回もこの木の実を撮しましたが、何の木か判りません。
グミにしては実が密生し過ぎているし・・・来年になったら確認しましょう(忘れていなければ(^^;)
b0247527_12595859.jpg


雪の上に落ちた葉が、太陽光の熱を吸収して雪を融かし、沈み込んでいます。
これは、春の雪解けの頃によく見られる光景です。
真ん中を横切る木の影が邪魔です(^^;
b0247527_1301928.jpg


おまけです。
この公園にはエゾリスがいまして、公園の近くの林へ行ったり来たりして、道路を横断するそうです。
それで、「リス横断注意」の道路標識が立っています(^^)
北海道には、「牛横断中」・「シカに注意」などの標識があちらこちらにありますし、なかには「赤い狐と緑の狸」の標識もあります(笑)
でも、リスの標識はここで初めて見ました。
b0247527_1304111.jpg



申し訳ありませんが、今回も、コメント欄は閉じさせて頂きます m(__)m

その3へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-11-19 13:04 | 植物

ちょっとだけイコロの森


鶴の湯温泉で遅い昼食の後、車で30分ほど走り、苫小牧市のイコロの森に行ってきました。
あやしい空模様の中で撮影を開始しましたが、花は殆んど残っていなく、しかも雨が降ってきましたので撮影は中断。
あとは庭を眺めながらのソフトクリームとお話で過ごしました(^^)

最近、rabbitさんのナジバナに感化されて、同様の撮し方を試してみたいと思っていましたが、残念ながら1本しか咲いていませんでした。
b0247527_22484176.jpg


これの名前は判りません。
ちょっと見には、黄色いエゾニュウ(爆)
b0247527_2248598.jpg


これはモントブレチア(?)が咲き終えた後。
b0247527_22491718.jpg


ガーデンの奥に行くと、シダがいっぱいの森があります。
ここの空気感が好きです、蚊がいなければ。
b0247527_224949100.jpg


ツルアジサイでしょうか、樹の幹にしがみつく姿が可愛くて、時々撮します。
b0247527_22511559.jpg



以上です。
ありがとうございました。
[PR]
by cyan9203 | 2013-08-28 22:53 | 植物

オオハナウド


ポピュラーな植物です。
平地でも山でも、時には海岸にも生育します。
群生する事もありますが、あまりにも一般的なのかそれとも花が地味なのか、人気のある植物ではありません。
でも、私は好きです。
茎が高い事もあって、下から花を撮すと放射状になった特徴的な花序を表現することができます。
さらに、実をつけ枯れた後でもまた面白い姿を見せてくれます。

5・6本のオオハナウドが、散策路沿いに並んで立っていました。
オオハナウド越しにオオハナウドを撮しています。
b0247527_1732688.jpg


茎の途中で折れ、下向きになっています。
b0247527_17322146.jpg


一番背が高い固体を下から見上げて撮影しました。
b0247527_173242100.jpg

[PR]
by cyan9203 | 2013-08-15 17:33 | 植物 | Comments(4)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)