晩成温泉


私が撮影に行く時は、殆ど自分の車(ウーパールーパー号、別名アホロートル号)で行きます。

北海道内は大体を周っていますが、その殆どは車内泊です。

予め予定を立てておけばホテルなどを予約できるんでしょうが、大体が精々数週間前に思い立ち、しかも方面は決めても行き場所が決まらないままに出発してしまいますので、宿が取れなくて結局は車の中で寝る事になってしまいます。

いえ、車中泊でしたら撮影場所で寝ることも可能ですから、これが結構便利なんです。

夕景を撮影してそのまま寝る事ができますし、目覚めと同時に早朝の光景を撮すこともできます。

でもね〜、周囲に誰もいない寂しい場所で寝るのは、そこそこ怖い事もあるんですよ〜(;_;)

最近は、自販機とトイレ&洗面所がある道の駅が便利で、そこに泊まる事が多くなっています。

なんとレストランと温泉付きの道の駅もありますしね。

いえ、コンビニで夕食などを確保できれば、後はトイレが有る所でしたらどこでも構わないといえばそうなんですが・・・。

何台もの冷凍車のトラックが、一晩中エンジン音を響かせている道の駅よりはマシかも。


過日、日本で初めて民間のロケットが打ち上げられた多目的航空公園がある十勝の大樹町。

ここには「晩成温泉」という、全国でも珍しいヨードの温泉があります。

この温泉の、道路を隔てた所には宿泊施設がありまして、そこには何回か泊まった事があります。

今年も仲間5人で撮影に行った時には利用しました。

でも、温泉に入浴すると、なんとーすぐ横にあるオートキャンプ場が無料で使えるのですv(^^)v

ですから、一人での撮影旅行には、度々この晩成温泉を利用させて頂いてます。

バスタオル&フェイスタオルは無料ですし、レストランがありますし、キャンプ場は静かですし、本当に便利で良い所です。


で、この温泉のポスターがまたイイんです。

「眺めなんて・・・」(笑)

イソジンを薄くした様な色合いのヨード泉は確かに珍しいんですが、それに負けないくらいに実際は太平洋の眺めもいいんですよ。

それにしても、ポスターの人達、イイ顔してますね〜(^^)


b0247527_23045341.jpg


[PR]
Commented by beechann at 2017-08-16 23:18
紫庵さん、こんばんは!

車中泊の旅を今思案中です
お金がない若いころはよくしていましたが、
大人になってからは中々・・^^
でも今の方が道の駅など、環境は整っていますよね!
やっぱり温泉がある所がいいな。
晩成温泉!候補にしようかな?^^
実行できるかわかりませんが、
紫庵さんのようにカメラをもって、
早朝の風景を求めて車中泊の旅がしたいです(´ー`)



Commented by cyan9203 at 2017-08-17 11:42
>beeちゃん

こんにちは、いつもコメントをありがとうございます(^^)
10年程前から、「わ」または「れ」ナンバーのレンタカーで、単独の旅行をしている女性を見かけるようになりました。
昨年の9月に厚岸で会った女性は、管理職なので夏季休暇を取るのが最後になってしまい、急遽思いついて北海道に来てしまったと言ってましたっけ(笑)
やはり宿が取れなくて、気の向くままに車中泊の旅行をしていると聞きました。
旅行の行程から宿の手配まで、時間単位で行動するツアーよりも気楽で楽しいって言ってましたよ。

元々私は仕事以外での公共交通の利用は苦手ですし、当所のない撮影地を探したりの旅行ですから、自分の車で走り&車中泊しています。
道の駅ができる前は、テント張りこそしませんでしたが、観光地の駐車場で寝たり、こっそりホテルの駐車場を利用したりしてました(笑)
問題は如何にして疲れない方法で寝るかです。
一時キャンピングカーなども考えましたが、何せ撮影機材や簡単ですが生活道具を積んで長距離を走るし、地図にない未舗装の悪路を走るから、キャンピングカーは私には向かないことが判り、それで普通のワゴンで旅行しています。

前回、初めて札弦(さっつる)の道の駅に泊まりましたが、綺麗な温泉とレストランがあって、ここはお勧めです。
他にも温泉付きの道の駅はありますよ。
↑にも書きましたが、恋問の道の駅は、冷凍車がズラーっと並んで冷凍機を一晩中動かしっぱなしですから、うるさくて結構大変な目に遭います(^^;
大型車用のスペースから離れても、すぐ脇には国道がありますので、これまた大型車の走行音がうるさいんです。
寝不足は運転旅行には大敵ですから、宿泊には十分にご注意して、楽しい旅行を計画してくださいね(^^)
by cyan9203 | 2017-08-16 23:08 | その他 | Comments(2)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)