ピョウタンの秋 1/2


その日は芽室町の新嵐山山荘に泊まって、翌日に広尾町へ友人を迎えに行きましたが、途中、中札内村のピョウタンの滝に寄りました。
寄ったにしては、広尾町へ向かう道からはだいぶ外れていますが(笑)
ピョウタンは、ピヨロ・コタンがアイヌの言葉の本来で、砂利が多い所という意味らしいです。
ここは昨年の9月にも来ていますが、その時は濁った水ながらも水量が多く、ダイナミックな滝の姿を撮せました。
でも今回は水は綺麗なものの水量が少なく、ただ水が落ちる普通のダムの様な姿なので、滝を撮すのは中止にして、奥の林と川の両岸の撮影でした。

滝を含めた全体が札内川園地となっていますが、園地内にはレストラン・パークゴルフ場・キャンプ場・日高山脈山岳センターなどがあります。
そのキャンプ場の周囲で紅葉が見られました。
b0247527_20202014.jpg

b0247527_20203646.jpg


キャンプ場手前には川がありますが、これは滝の川とは別の川です。
流れと水の揺らめきを橋の上から撮しています。
b0247527_20205413.jpg

b0247527_2021895.jpg

b0247527_2021279.jpg


この園地内にはカエデの木が多く見られます。
でも、ここでも同じく紅葉する前に枯れて落ちた葉が多く見られました。
b0247527_20214468.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
Commented by yuttan34 at 2014-10-23 07:39
紅桜公園から紫庵さんらしい作品に感動しています(何時ものことですが)
いつも参考にさせて頂いています
水模様にチャレンジしていますが・・・難しいですね
光と影の表現も素晴らしいですね
毎回 感激しながら 堪能させていただいています
Commented by cyan9203 at 2014-10-23 11:53
>yuttanさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
苫小牧方面へのバスツアーの掲載を拝見しましたよ。
最近、一人で遠くまでの運転が面倒になってきてますので、バスツアーは羨ましいです(^^ゞ
水の模様は難しいですが、時には予想しない面白い光景が撮せますので、興味は尽きないです。
コツは・・・瞬間を撮すためには、高速シャッター速度のような目を持つことです(笑)
な〜んて冗談はさて置き、以前撮した記憶から、予想するしかないとおもいます。
流れて常に姿を変えている水ですから、実際、撮してみないと判りませんが、それでも想像は可能ですよね。
そそ、映り込む空や葉の緑などを一緒に撮すのも良いと思いますよ。
私の画像でも参考になるのでしたら嬉しいです(^^)
by cyan9203 | 2014-10-22 20:25 | 公園 | Comments(2)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)