初夏の手稲山 その1

毎年、今頃の季節に手稲山に登ります。
登るといっても登山が目的ではないので、山頂まではめったに行きません。
以前は年中ロープウェイが運行されていましたが、数年前から冬期間(スキー可能期間)だけの運行になってしまい、ロープウェイに乗りながら、紅葉を楽しむ事もできなくなってしまいました。
私が手稲山に行くのは樹木や花などを撮すのが目的ですが、背中に重い撮影機材を背負って登るのは楽ではありません。
ロープウェイが運行されていた時は良かったのですが・・・。

今時期、スキーコースとなっているゲレンデの一部に花畑が出現します。
赤と黄色のコウリンタンポポ・ブタナ・フランスギク・アカツメクサ・ハクサンチドリなどが、同時期に同じ場所に咲きます。
ゲレンデ一面という訳ではありませんが、それでも一角にカラフルな場所ができます。

山頂に各TV・ラジオ局のアンテナが林立していますが、そこまではいくつかの登山コースがあります。
私が歩くのは工事車両などの通行が可能になっている、一番広くて楽なテレビ山道コースです。
道の両側は林が続いていますので、樹木を見たり花を探したり&撮影しながらの、亀も呆れる程の速度です(^^ゞ
ちなみに、追い越されるのは数知れずですが、追い越したことは一度もありません(笑)
そうそう、今日もまた「鳥を撮しているんですか?」と聞かれましたっけ(^^ゞ


先月中旬に、苫小牧の北大演習林で見た、シダの中央にある茶色のモニャモニャをまた発見!
良〜く観察すると、これの正体が判りました。
なんと新芽だったんですね。
北大演習林のは茶色い塊でしたが、今回のは色はそのままですが成長していたので、なんとなく葉になる姿を想像できました。
訂正:このモニャモニャは、rabbitさんが胞子葉と教えてくださいました。
   ちなみに、普通の葉は栄養葉というそうです。
   情報をありがとうございました>rabbitさん

b0247527_1948336.jpg


生い茂る草の奥に、マイヅルソウが一輪咲いていました。
マイヅルソウは群生で良く見ますが、森の片隅でひっそり咲いている姿も可愛いですね。
b0247527_19485035.jpg


これはホウノキ。
成長すると大木になりますが、この木はまだ幼木で5m程の高さです。
b0247527_19493860.jpg


ツルアジサイが咲き始めています。
b0247527_19501061.jpg


ガマズミの様な葉ですが、花がないし・・・なんという木か判りません(^^ゞ
咲いている姿が模様のようになっていて面白いです。
b0247527_19502610.jpg



その2へ続く・・・
[PR]
by cyan9203 | 2013-07-03 19:52 | 低山地

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)