初夏のアルテピアッツァ美唄 その2


彫刻を見たり撮したりするのは楽しいですが、作品(彫刻)を撮して自分の作品(写真)にするという行為が、私には自分でも良く理解できません(爆)
それで前回はコメント欄を閉じましたが、コメントをくださいまして、ありがとうございます。
彫刻公園でネイチャーフォトというのもなんですが、それでも探せば被写体はあるものです。


公園の中には幼稚園がありまして、林の中に遊具があります。
カンカン照りの日でも、子どもたちは木陰で遊べてイイですね〜。
b0247527_1638258.jpg


その林にあったカエデ、緑から赤へのグラデーションを見る事ができました。
b0247527_16385879.jpg


ノムラモミジのタネが真っ赤に色づいていました。
b0247527_16391563.jpg


逆光で見ると、一際赤が鮮やかです。
b0247527_16392952.jpg


林の奥にもノムラモミジ。
b0247527_1639442.jpg



以上です。
ありがとうございました。
[PR]
Commented by snowy-scene at 2013-06-29 20:43
こんばんは^^
綺麗ですね・・・
楓にもみじ。
ここはとても素敵な場所と拝見しております。
下の彫刻と影の感じや光との関係を意識して
創造された彫刻なのかもしれませんね。
彫刻をそのまま撮っているのではなく
光や影は一瞬の芸術を生みますから
それを撮るので紫庵さんのphotoと言えると思います^^
逆光の種のお写真・・・
鮮やかで美しいなあ!
Commented by cyan9203 at 2013-06-29 22:15
>snowyさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
アルテピアッツァ美唄は野外彫刻公園と言っていますが、安田侃さんは「幼稚園でもあり、彫刻美術館でもあり、芸術文化交流広場でも、公園でもあります」と仰っています。
表面的にはそうなんでしょうが、心理的&心象的な様々なものを含んでの事と思います。
書道家の友人が曰くには、「芸術を解ろうとしても無駄、何かを感じればそれで良い」。
彫刻という芸術も写真もまた同じと思いますが、私などが面白いと思って、著名な安田侃さんの作品を撮して写真にしても、結局は掌の中で踊らされているだけの気持ちがして、どうもしっくりとしません(^^;
ノムラモミジは家の庭にもありますが、家では撮した事がありません(笑)
Commented by ゆりがおか at 2013-06-30 14:58 x
すごいな〜 今日の画像光と陰,見事ですね〜色出しも好きです 素晴らしい作品ばかり 有り難く拝見出来ました。
Commented by calmcalmcalm at 2013-06-30 15:45 x
cyan9203さま
光と陰 素敵ですね
子どもの頃モミジの種をプロペラと言っていて
このように美しい種だと
別の呼び方になっていたことでしょうね
とても素敵です
Commented by cyan9203 at 2013-06-30 16:49
>ゆりがおかさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
岩見沢の後に、美唄のアルテピアッツァに移動して撮影しましたが、少し陽が傾きかけていたので、陰影の濃い写真が可能でした。
公園の中心あたりは室内展示(廃校の校舎)の建物と幼稚園と一面の芝で、そこかしこに彫刻が点在していますが、周囲は林ですから、そこそこネイチャーっぽい写真が撮せます。
画像は、RAW現像の時に多少の露出とコントラストと彩度の調整するくらいです。
色についてはカメラ任せというか、調整を始めると面倒なので、見た目が変でなければ撮って出しみたいなものです(^^ゞ
Commented by cyan9203 at 2013-06-30 16:49
>calmcalmcalmさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
岩見沢から美唄へ移動する途中の道の駅に寄りましたが、私はトイレタイムだった筈が、地元の農家の即売会があったために、家内がいろいろ農産物を買っていた為に、美唄への到着が遅れました。
でも、その結果、太陽の位置が低くなっていまして、それで陰影のある写真を撮せました(^^)
ノムラモミジの種は真っ赤で、これを逆光で見ると尚更に色鮮やかでした。
芝の上に落ちているのを拾って、私も「プロペラ」で遊んできましたよ(笑)
Commented by rabbit at 2013-07-01 10:32 x
玉泉館跡地公園も、アルテピアッツァ美唄も、知らない所ばかり。(^_^;)
紫庵さんは、ご自分の好きな場所をたくさんお持ちなんですね~
玉泉館跡地公園の、水面をバックにしたキショウブのお写真も素敵。
↑の光と影の描写も絶妙ですね。
ノムラモミジという種類なんですね。 秋でもないのに、葉の先が赤くなっているモミジを
私も見かけたことがありますが、これが普通の現象なんでしょうか?
なんだか不思議です。 (*^_^*)
Commented by cyan9203 at 2013-07-01 20:58
>rabbitさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
私が知っている撮影地はネイチャーフォトに向いた所で、普通の風景写真向けではないんですよ。
ですから、超有名な富良野・美瑛は殆んど知りません。
知っているといってもそれ程多くありませんし、さらには季節で撮影できない場所もありますし。

玉泉館跡地公園は中央に池がありますので、いろいろな映り込みを楽しめます。
昨年は紅葉の映り込みを撮影出来ました。
アルテピアッツァ美唄は、カメラを持たなくても楽しめる公園です。
勿論、野外&屋内の彫刻を鑑賞出来ますしね。
ノムラモミジは普段は暗赤色の葉ですが、夏に緑になったりならなかったり、そして秋になると真っ赤になります。
私の家の庭にもありますが、家のノムラモミジの種は画像の物ほどには赤くなりません。
ウル覚えですが、病気になった葉から菌が木本体に伝染らないように、葉を落とすらしいです。
葉の付け根にコルク層ができ、栄養が行かなくなるために赤くなる色素ができる・・・だったかな(^^;
それで、春・夏でも紅葉した葉を見るんですね〜(゚゚)(。。)
by cyan9203 | 2013-06-29 16:43 | 公園 | Comments(8)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)