大皿に咲いたフロストフラワー


奥さんのもう一つの趣味は陶芸でして、毎週、札幌の東区の陶芸教室に通っています。
その陶芸教室の教室展&即売会が、定山渓のホテル「ふるかわ」で12月から行われていまして、今日が最終日で、全ての作品の展示終了するお手伝いをしてきました。

教室に作品を運び終えてから、なんとなく展示棚を眺めてみると・・・
え〜(・_・? フロストフラワーが!?
って、よくよく見ると、大皿に咲いたフロストフラワーではありませんかー\(◎o◎)/
陶芸教室の先生に聞いた話では、「雪の結晶」という呼び名で、ある釉薬を使うとできるらしいです。
って、聞いてもチンプンカンプンな>私(^^;
いえ、ほんと、名前も見た目もフロストフラワーにそっくりで、初めて見た私は驚きでした。
このお皿は、先生の作品で一枚だけ販売されているものです。

お手伝いの甲斐あって、素敵な物を見て来ました(^^)

b0247527_168077.jpg

b0247527_1681121.jpg

[PR]
Commented by ananmama at 2013-01-31 20:06
こんばんは~♪
奥さま陶芸をされているんですね♪
昨年辞めましたけど 私も20数年陶芸に親しんできましたので
こうして素敵な器を拝見出来てとても嬉しいです♪
あっ!歳は計算しないでくださいね(笑) 
雪の結晶のように焼き上がる釉薬 まるでフロストフラワーのように見えて
とても美しいですね~♪
本当に雪の結晶のようです♪
Commented by cyan9203 at 2013-01-31 20:39
>ananmamaさん
いつもコメントをありがとうございます(^^)
そうですか〜、ananmamaさんも陶芸をなさるんですね(^^)
で、歳を計算しなさいという事なので・・・引き算は出来ても足し算ができない>私(^^ゞ
奥さんの陶芸は、始めてからまだ3年です。
今年初めて作品を展示しましたが、自分で気に入った作品なので手元に残しておきたいという事で、売れないようにと随分な価格をつけてました(笑)
私は、陶芸はサッパリでして、何せコーヒーカップは100円ショップで買った物です(爆)
で、このお皿の模様、本当にフロストフラワーによく似てますよね〜。
私は作り方を聞いても全く判りませんが、これは見ていて素敵だな〜と思います。
Commented by snowy-scene at 2013-01-31 20:49
紫庵さんこんばんは^^
本当に雪の結晶のようです。
美しい作品ですね!
先生の作品ですか・・・・さすがですね。
陶芸は精神統一にもなりそうだし
色々なアイディアやセンスが必要とされそうで
自分には無理かなと思いますが
作品を見るのは好きです^^
奥様の作品はどんなものだったのでしょう。
気に入った作品に仕上がってよかったですね♪
Commented by rabbit at 2013-01-31 21:00 x
タイトルと写真を拝見して、びっくり\(◎o◎)/!
本当にフロストフラワーみたいですねぇ。 とても素敵!
奥様は陶芸もされていらっしゃるのですね。 憧れます。
Commented by cyan9203 at 2013-01-31 21:06
>snowyさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます(^^)
今冬はフロストフラワーに縁があるのか、思いがけない雪の結晶に出会って驚きました。
まさか室内で見てしまうとは、一瞬、我が眼を疑いましたっけ。
陶芸には、やはりその方面での才能が必要とされるのは推察できますが、私は作品群を見てもサッパリです(^^ゞ
私は陶芸には縁がなさそうです(^^;
なので、奥さんが気に入っている作品を見ても、やはりサッパリ・・・(・_・?
Commented by cyan9203 at 2013-01-31 21:26
>rabbitさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
更別、霧氷の撮影ができて良かったですね(^^)

ね〜〜〜フロストフラワーみたいでしょ〜〜(゚゚)(。。)
作品の画像は、ちゃんと先生に了解を得てアップロードしていますが、おそらくフロストフラワーをご存知ないでしょうから、本当のフロストフラワーを先生が見たら、あまりにも似ていて驚くでしょうね。
奥さんの陶芸は、まだ初心者です(と思う)。
でもね〜、キッチンの食器棚には自作の皿や碗などが、どんどん増えています。
私は陶芸には暗いので、「どうせなら私好みのを作って」とも言えなくて困ってます(^^;
Commented by jusokita at 2013-02-01 07:57
これは不思議ですね~!?(゚〇゚;) 
本当に結晶に見えます!

冷たい料理に向いているかもしれませんね^^
Commented by cyan9203 at 2013-02-01 08:33
>喜多さん
おはようございます(^^) いつもコメントをありがとうございます。
もともと陶芸に明るくない私ですから、こういう釉薬があってこういう模様ができるのを知る筈もありませんから、見て驚くのは当たり前かぁ〜(^^;
これって釉薬に含まれている金属などの成分の結晶ではないでしょうか?

>冷たい料理に向いているかもしれませんね^^
熱い料理を盛り付けると、結晶が溶けたりして・・・(笑)

奥さんに、黒い皿にこの結晶を作って欲しいと伝えてありますが、できるのかいな(・_・?
Commented by jusokita at 2013-02-01 20:19
奥様に・・・・

いやいや、それが完成してしまったら本物を撮りに行かなくなっちゃいますよ~( ̄m ̄* )
Commented by cyan9203 at 2013-02-01 21:28
>喜多さん
こんばんは、コメントをありがとうございます(^^)
陶芸の先生が、その皿の土や釉薬の事を私に教えてくれましたが、私はチンプンカンプン(・_・?
奥さんも判ったような判らないような・・・(笑)
皿が完成したら、寒い日に川辺に持って行って皿を撮してみます。 って何のこっちゃ(・_・?
Commented by fairysilva2 at 2013-02-02 07:22
え?え?え?
大皿にフロストフラワーを載せたのかと???
違うのですね~おもしろいです。

思わず、指でのけてしまいそ~になりますね。
冷たいものとか、お刺身でも盛り付けたら、おいしそ~です。
釉薬によってはいろんな現象がおきるのですね、
私も野草の写真にはまっていなければ、陶芸をしていたかもしれません。
これ以上、器が増えたら困りますが・・・(笑)
器も料理の内ですから、cyanさんは毎日お食事が楽しめますね。
Commented by yuttan34 at 2013-02-02 10:19
\(◎o◎)/!ですね
このお皿に水を入れて接写したら
本物のフロストフラワーになりますね
Commented by cyan9203 at 2013-02-02 10:34
>silvaさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます(^^)
そそ(゚゚)(。。) 驚いてしまうでしょ〜。
見た瞬間、「なんでーフロストフラワーが!?」と、我が目を疑ってしまいました(^^;

>思わず、指でのけてしまいそ~になりますね。
はい、思わず指で恐る恐る触って、表面の感触を確かめましたっけ(笑)
釉薬ですからツルツルでした、って当たり前か(^^ゞ

赤身魚の刺身を乗せたら美味しそうに見えますね。
フロストで凍ってしまいそうにも見えますが(^^;
実は、奥さんは別の教室にも通っていまして、週に2回ですから、器が増えて食器棚が満杯状態なので、姉妹や友人に差し上げたりしています。
私は陶芸には殆ど興味がないのですよ〜だから私が使う茶碗とカップは市販品です。
手作りの食器は同じ形のように見えても、各々が微妙に形が違い、上手く重ねられないので、むしろ敬遠したいくらいです(内緒)
Commented by cyan9203 at 2013-02-02 10:41
>yuttanさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます(^^)

わははははーー、面白い事を考えますね〜>yuttanさん
水を入れると、どんな風になるんでしょうね。
結晶が融けたりして・・・まさかぁー(笑)

カメラを持っていなかったので携帯で撮しましたが、マクロレンズを使って撮したらもっとハッキリと綺麗にお見せ出来たんでしょが・・・(^^ゞ
Commented by calmcalmcalm at 2013-02-02 18:52 x
cyan9203さま
うぁ~~まさしく結晶ですね
やきもの大好きな私も その釉薬は使ったことはありません
亜鉛化結晶釉薬というものだと思うのですが
このように美しいのを拝見すると
使ってみたい 釉薬ですね
奥様 頑張っておられるようで 楽しみですね
Commented by cyan9203 at 2013-02-02 20:15
>calmcalmcalmさん
いつもコメントをありがとうございます。
そうそう、calmcalmcalmさんも陶芸をなさっているんですよね(^^)
亜鉛化結晶釉薬ですか? やはり金属の結晶と・・・φ(..)メモメモ
フロストフラワーは水分の結晶ですが、同じ結晶ですから、見た印象が似ているのかな?
奥さんが陶芸に熱心であるのは間違いありませんし、それなりの作品を作っているらしいですが、
ありがたさが判らない私にとっては・・・
豚に小判&馬に真珠&猫の耳に念仏&能ある牛は爪を磨ぐ・・・あ゛〜わけわかめ〜(爆)
Commented by aisuc at 2013-02-04 19:36
奥さま陶芸をなされていらっしゃるのですね。(「札幌軟石焼」ではなかったですね。)
陶芸教室に通えることができ良いですね。
昔、旭川の大雪窯で求めた「雪の結晶」のコーヒーカップを一客、今も使っています。
趣があって、お気に入りの品です。
Commented by cyan9203 at 2013-02-04 19:56
>愛巣栗夢さん
こんばんは、いつもコメントをありがとうございます。
奥さんが通っているのは、北海荒磯(ありそ)焼・愉楽窯といいまして、下沢土泡氏の奥さんが開いている教室です。
展示の為の搬入などで教室に行って多くの作品を見ていますが、私には陶芸に関する感性が全くないのが判りました(爆)

オー! 愛巣栗夢さんは「雪の結晶」のコーヒーカップを使ってらっしゃるんですね〜。
それはオシャレなコーヒーカップですね(^^)
私は黒い皿に「雪の結晶」の釉薬を使って欲しいと、奥さんに頼んでいますが、果たして奥さんの技量で可能なのか・・・な?(笑)
Commented by ゆりがおか at 2013-02-05 16:19 x
驚き驚き、何と焼き物の中に雪の結晶、フロストフラワーが出ているどう考えてもなんでこうなるんですか,良く解りません

しかし素晴らしい作品ですね〜 凄いです
Commented by cyan9203 at 2013-02-05 17:10
>ゆりがおかさん
いつもコメントをありがとうございます(^^)

ね〜〜驚いてしまいますよね〜〜。
あまりにも雪の結晶に似ているので、思わず指で確認してしまいましたが、表面はツルツルしていました。
多くの釉薬があるらしいですが、自分の作品にどんな釉薬を組み合わせるか、そういうところにも面白みがあるんでしょうね。
この先生の作品も、皿自体の色合いも落ち着いた色ですし、更に白い結晶が組み合わさって、素晴らしいと思います。
こういう素敵な作品を見るのは楽しい事ですよね(^^)
by cyan9203 | 2013-01-31 16:10 | その他 | Comments(20)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)