冬の春香山登山道 その1

自宅から歩いて5分程の所に、春香山への登山口があります。
毎年、登山道を歩きながら、道沿いに咲いている花や樹木を撮しますが、今年はあちこち遠出する機会が多くありましたので、殆ど行けませんでした。
でも、冬は天候を見計らって何度も撮影に行きます。
というのは、天気が良ければ樹木の影が素敵な光景を見せてくれるからです。

午前中は晴れとの予報でしたので、常用している三脚を軽い物に替え&ザックの機材を少なくして、1シーズンぶりの登山道の冬景色を撮してきました。
今年は既に1mの積雪がありますので、スノーシューを履いていけば、普段はクマザサが邪魔で入っていけない様な所でも、どんどん入って行けます。
といっても、誰も歩いていない新雪は、スノーシューを履いていても膝近くまで埋まりますので、歩くだけでも結構疲れます。
歩いては汗をかき&立ち止まって撮影しては寒くなりの繰り返しで、私の固い頭は劣化してヒビが入りそうです(^^;
髪が薄くなったのはこれが原因だったと、今気付きました(;_;)



登山道には山スキーの跡や、近所の人のノルディックウォーキングの足跡があります。
私はここをスノーシューで歩きます。
b0247527_2055496.jpg


目に青葉・・・(違)
色彩に乏しい冬は、ササの緑でも鮮やかに感じられます。
これを撮した後、左斜面に降りて、林の未踏の雪面を散策します。
b0247527_20552571.jpg


ここが、私が好きな場所(^^)
この緩斜面を、被写体になるものをキョロキョロ探しながら登りますが、誰もいませんから不審者と騒がれることもありません(^^ゞ
今日はキタキツネの足跡を見ましたが、時にはエゾシカやエゾリス・アカゲラとクマゲラも見ることがあります。
b0247527_20555961.jpg


入り口辺りで枯れたオオウバユリを見つけました。
撮している時は気付きませんでしたが、撮し終えてから良く見ると、ダイヤモンドダストが出ているのに気付きました。
画面中央に白い小さな点々となってありますが、判るでしょうか?
b0247527_20561948.jpg


木の間から光が射し、倒れかけたオオウバユリを照らしています。
b0247527_20561685.jpg


b0247527_20563294.jpg


b0247527_20565056.jpg


その2へ続く
[PR]
Commented by rabbit at 2012-12-26 00:55 x
紫庵さん、いよいよ撮影再開、お体すっかり良くなられたのですね。
よかったです。
スノーシューで山を歩くのは、体力がいりそうですねぇ... 我が家でも購入を検討しているのですが。。。
紫庵さんは、山野草の名前にも詳しいですね。 オオウバユリというのですね、ひとつ勉強になりました。
その2も楽しみにしています。
Commented by yuttan34 at 2012-12-26 02:17
お身体良くなりましたね
紫庵さんにとって 冬は最高の撮影場所ですね
楽しみにしています 光と影の芸術作品を・・・
でも ご無理しないでくださいね
Commented by aisuc at 2012-12-26 10:00
素晴らしい!
私も出かけたくなりました。
まずは、スノーシューを探します。
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 12:08
>rabbitさん
こんにちは、コメントをありがとうございます。
ご心配をおかけしましたが、やっと撮影を再開できるまでに回復しました(^^)
登山道を行くには、背中にカメラザックと三脚を背負ってですから、手ぶらでルンルンという訳にはいきませんが、私の場合は登るのが目的ではなく撮影が目的ですから、疲れたら休み&立ち止まってキョロキョロし、被写体を見つけ撮影が始まると同時に体力回復、こんな感じです。
疲れたら&天候が悪くなったら帰ってきますので、気楽なものです。
山スキーで行く人もいますが、私は撮影の殆どで三脚を使いますので、スノーシューの方が三脚に引っかからなくて便利です。
三脚を使わなければ、スノーランブラーというのも便利かも知れません。
http://novi.ocnk.net/product/12

私は植物の名前は、全く駄目です(^^;
聞いても覚えれませんし(覚える気がない)、覚えるよりも忘れる方が多いですし。
山野草の本にはカタカナで表記されていますが、漢字で書いてあると意味が判って覚えやすい気がします。
花と植物は、fairysilvaさん(http://fairysilv.exblog.jp/)がすごくお詳しいですし、素敵な写真を撮影なさっていますよ(^^)
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 12:20
>yuttanさん
どもどもご無沙汰しておりました。
いつもコメントをありがとうございます(^^)

雪が積もってしまうと撮影する物がなくなってしまいますので、仕方なく影を撮し始めましたが、光があれば影がある様に、雪面をスクリーンとした影絵が非常に面白い事に気付きました。
これって何も山ではなくて身近な所でも撮影可能ですから、yuttanさんも楽しんでくださいね。

>でも ご無理しないでくださいね
ありがとうございます。
雪を踏み抜いて川に落ちたり、急斜面を落ちて登れなくなったり、山の中で方向が判らなくなったり、おにぎりを持っていくのを忘れて、腹がへって動けなくなったり、そんな事は繰り返さないように気をつけます(爆)
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 12:30
>愛巣栗夢さん
いつもコメントをありがとうございます。
今シーズン初めての登山道&雪の林の散策でした。
誰も歩いた跡がない雪面を歩くのは大変に疲れますが、それよりも青い空の中を汗をかきながら歩くのは大変に気持ちが良いものですね。
それで面白い被写体を見つけたら、ゲヘヘヘ〜 ってなものです(笑)

葉が落ちて裸同然になった林は、鳥を撮すに良い季節と思います。
昨日もクマゲラの鳴き声を聞きましたし、食痕もありましたし、アカゲラは私の目の前で木を啄いていました。
それなのに、鳥を撮さない私は・・・はいへそ曲がりですv(^^)v
Commented by calmcalmcalm at 2012-12-26 14:06 x
cyan9203さま
こんにちは♪
深い雪の中の撮影  お疲れ様でした
ダイアモンドダストもカメラでキャッチ  美しい!!
そして6番目の作品の
オオウバユリのシルエット 大好きです
無理されず 作品を見せていただければとてもうれしいです
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 17:01
>calmcalmcalmさん
こんにちは、いつもコメントをありがとうございます。
今年は雪が多く、例年よりも早めに雪原の林の散策ができました。
ってその分、家の除雪の回数が多いのですが(^^;

昨日は気温が下がっていたのは判りましたが、規模が小さいのでダイヤモンドダストが出ていたとは、しばらく気付きませんでした。
ダイヤモンドダストは、気温が−10℃以下の状態のときに発生するといわれていますが、気温が低いほどに大量に発生します。
早朝に、逆光で&暗い背景で見ると、キラキラしてて本当に綺麗ですよ〜。

6枚目は、4枚目のオオウバユリを帰り際に反対側から撮しました。
太陽の動きに連れ、影も刻々と位置を変え姿を変えますので、同じ場所でも行きと帰りでは違った光景を楽しめます。
そそ、茎の影が曲がって見えていますが、雪面が平らではない所為です。

天候と体調の様子をみながら、また行ってきますね。
Commented by jusokita at 2012-12-26 17:07
スノーシューでの山歩きは、夏には行けないところを眺められるというのも醍醐味ですね。
汗の調節に気を遣います。
Commented by fairysilva2 at 2012-12-26 18:08
雪国は夏とは違って又違う景色が見れるので、絵になりますね~
野草写真を撮る私は冬はほとんど冬眠状態になりますが・・・(笑)

ダイヤモンドダスト、見れますよ~~
こちらとは違って別世界です。
1年に1~2回、うっすらと雪に覆われるだけですから、午後には無くなっています。

ところで、同じ月の記事画像のところに、美瑛の幾重のもなった丘の画像が正方形になって載っています。
おもしろいですね~こうして見ると、はっきり幾重にもなった丘の様子がよくわかります。
やはり1枚です(爆笑)
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 20:04
>喜多さん
コメントをありがとうございます(^^)
毎年は、1月中旬頃から林に入りますが、今年の大雪のお蔭で楽々入れました。
誰も歩いた跡がない新雪に、自分の足跡をつけて歩くのは気分良いです(^^)
でも、時々雪を踏み抜いてしまう事がありますが(^^;
春になって、表面が凍ってしまうと楽々歩けるようになりますが、春の日差しを受けながら歩くと、これがまた最高に気持ち良いです。
汗の調節は難しいですよね。
アクリルの肌着やゴアテックスを着たりするなどいろいろ試しましたが、結局、暑ければ脱ぐ&寒ければ着るのが良いという事になりました(笑)
Commented by cyan9203 at 2012-12-26 20:47
>fairysilvaさん
いつもコメントをありがとうございます。
同じ場所が、雪が降ると一変した風景になりますので、北海道の撮影の醍醐味は冬にあると私は思っています。
雪が降って嬉々とするのは、犬と私とスキーヤー(笑)
冬になると植物は枯れるかまたは雪の下で雪解けを待ちますが、枯れた姿も意味ある自然の一部と思って、私は撮しています。

規模の小さいダイヤモンドダストですと、気付かない事があります。
何年も前に、ツアーで十勝岳へ行った時も、気付いて撮したのは私だけでしたし(^^)v
暗い背景&逆光で見ると、金色に輝いて綺麗ですよ〜。

美瑛の丘の画像が正方形になっているとのご指摘でしたので、先程アップロードし直しましたが、いかがでしょうか?
丘が重なったこういう風景は、沢山あるような気がします。
普通は広角で撮すのでしょうが、望遠で風景を圧縮した面白さを表現しようとして、撮影したように記憶しています。
言われてみれば、なるほどモンタージュしたようにも見えますね〜(笑)
Commented by ゆりがおか at 2012-12-27 09:36 x
お体良くなられて嬉しいですね〜雪か降ると世界が変わる、それにしてもスノーシューはいて,雪道歩いてみたですね〜
雪の中を歩くのは凄く力がいりますから,汗かいて又歩く、風邪引かないように、流石に素敵な画像写しておられますね、私的には最後の2枚は絶品ですね〜 笹野葉が半分埋もれた景色や林の景色も実に素敵な雰囲気感じます。4枚目の木の側に、枯れ葉が1本たっていて,上から小雪が落ちてる、これも凄い瞬間ですね
Commented by cyan9203 at 2012-12-27 10:50
>ゆりがおかさん
こんにちは、コメントをありがとうございます。
どうもご心配をお掛けしましたが、お陰様で雪原を散策できるまでになりました(^^)

晴れた日に雪の林を歩くのは、大変に気持ちが良いものです。
既に樹木には葉がありませんので、多少の風では木の葉の音はしません。
聞こえるのは鳥の鳴き声と、スノーシューが雪を踏む音だけです。
被写体になるものが少ない広大な林の中から、自分が好むシーンを探して歩きまわるのは大変な作業ですが、その分、6・7枚目の様なシーンを見つけた時の嬉しさは\(^o^)/ってなものです(笑)

4枚目の、中央の落ちている様な雪は、実はダイヤモンドダストなんですよ(^^)
視界を覆い尽くすような規模ではなく、暗い背景でなければ気付かないような小規模なダイヤモンドダストです。
by cyan9203 | 2012-12-25 21:00 | 森林 | Comments(14)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)