やっぱり前田森林公園 #2

これからの季節は、日中が暖かく気温がプラス&夜は冷えて気温がマイナスという状況が多くなります。
すると、積もっていた雪は表面がカチカチに凍って、時には人が乗っても沈まないで、そのまま歩く事ができるくらいに固くなります。
油断すると時々滑って転んだり、たまに表面が割れてズッポリはまったりしますが(笑)
樹木に乗っていた雪は、日中に少しづつ融けて&夜に凍ってを繰り返してツララを作ります。
ツララにまで成長しない丸い氷が枝にビッシリ着くことがあり、これが光を反射するとすごく綺麗なんです。
偏光フィルターを通さないまでも、プリズムみたいに虹色に見えることもあります。
今回見つけたのは残念ながら普通のツララです。
でも、接近してよ〜く見ると、ツララの中には細かい気泡がたくさん混ざっていて、これがまた光に当たるとキラキラして綺麗です。
これまた残念ながら、今回写した4枚は曇ってからだったのでキラキラ感がありません(^^ゞ

1枚目 針葉樹の葉先にできたツララです。
b0247527_14165846.jpg


2枚目 これがツララといえるかどうか^^; でも良く見かけます。
b0247527_14171358.jpg


3枚目 マクロレンズを使い等倍で写しました。中に気泡が混ざっているのがはっきり見えます。
b0247527_14173269.jpg


4枚目 たくさんのツララ。これはあまり綺麗じゃないな(苦笑)
b0247527_14174525.jpg

[PR]
Commented by yuttan34 at 2012-03-04 10:02
1枚目の前ボケが凄く効いていますね
3枚目ツララにお日様の光が当たると虹色ファンタジーでいいのでしょうが
これはこれで良い作品だと思いますよ
レンズは何本持ち歩いているのですか?
Commented by cyan9203 at 2012-03-04 11:22
ボケは得意です。私の人生そのものがボケですから(笑)
って、マクロレンズですから、絞りをある程度絞っても必要以外はボケちゃいますよね。
被写体の背後に偏光板を置いて、レンズに偏光フィルターをつけると、氷が虹色に輝いて綺麗ですけど、仕事で少しだけそういう光弾性の撮影をしてました。
でも状況次第では、肉眼でも氷が虹色に見えることがありますよ。
持ち歩くレンズは、ズーム主体だと、11-16・17-50・50-135・120-400・マクロ・魚眼の6本です(重い)
高倍率ズームレンズを使えば本数が減って軽くなりますが、全紙にまで引き伸ばすのが前提ですから、やはり低倍率または単レンズが主体になってしまいます。
by cyan9203 | 2012-03-01 14:24 | 公園 | Comments(2)

艸木叢林(そうもくそうりん)です。北海道の風景や植物などの自然全般の写真を撮影しています


by 紫庵(しあん)